このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】奈良県×文化服装学院 ファッションショー 「あたらよ」

ファッションショー「あたらよ」の様子
ファッションショー「あたらよ」の様子

イベント開催情報

東京の文化服装学院の協力のもと、奈良の美術・芸術をテーマに、奈良県産の素材を用いて制作した作品によるファッションショーを実施。今年度いよいよ中金堂落慶を迎える興福寺を中心テーマに展開するほか、毎年8月に東大寺・春日大社・興福寺・奈良公園一帯で開催される夏のイベント「なら燈花会」と連携しながら、ファッションショーを総合芸術としてとらえ、美しい装飾という新たな奈良の魅力を発信し、若い世代の誘客を促進する。また、ショーのモデルとして県内高校生から公募モデルを起用するなど、若年層の芸術活動への参加意欲の向上を図るとともにソーシャルメディア等による奈良の魅力の波及を図る。
広報にあたっては、日英両併記とし、外国人観光客の誘客を促進することで、国内外に広く奈良の魅力を発信する。

イベント概要

イベント名
奈良県×文化服装学院 ファッションショー 「あたらよ」
期間
2018/8/5(日)
開催場所
奈良県奈良市春日野町101 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
主催団体
奈良県 観光局 観光プロモーション課
URL
-

本事業に関して、奈良県 観光局 観光プロモーション課 高橋様にお話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

日本文化発祥の地として奈良での古美術研修を50年以上継続し、国内外に強い発進力をもつ東京の文化服装学院の協力のもと、平成22年に開催した「平城遷都1300年祭」の関係事業の1つとして、新たな奈良の魅力発信、若い世代の誘客を主な目的として実施したことがはじまり。

―この事業の目的は何でしょうか。

東京の文化服装学院の協力のもと、奈良の美術・芸術をテーマに、奈良県産の素材を用いて制作した作品によるファッションショーを実施。今年度いよいよ落慶を迎える興福寺中金堂を中心テーマに展開するほか、同時期に奈良公園一帯で開催される夏のイベント「なら燈花会」と連携しながら、新たな奈良の魅力を発信し、若い世代の誘客を促進します。
また、ショーのモデルとして県内高校生から公募モデルを起用するなど、若年層の芸術活動への参加意欲の向上を図るとともにソーシャルメディア等による奈良の魅力の波及を図ります。

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

事業開始より10年目となる来年度を1つの節目と捉え、今まで培ってきた内容を更にブラッシュアップし、奈良県の魅力を発信するとともに県内外からの誘客を図っていきたい。また、ウェブサイト、SNS等による広報を展開し、奈良公園を訪れる外国人観光客の誘客も促進していきたい。