このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】第17回広島国際アニメーションフェスティバル - HIROSHIMA 2018

第17回大会 HIROSHIMA 2018 公式ポスター

第17回大会 HIROSHIMA 2018 公式ポスター(アートワーク:クリヨウジ)

イベント概要

イベント名
第17回広島国際アニメーションフェスティバル - HIROSHIMA 2018
期間
2018/8/23(木)〜2018/8/27(月)
開催場所
広島県広島市中区加古町4-17 JMSアステールプラザ
主催団体
主催:広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会、広島市、公益財団法人広島市文化財団
共催:国際アニメーションフィルム協会日本支部(ASIFA-JAPAN) 公認:国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)
URL
http://hiroanim.org/

本事業に関して、フェスティバルディレクター 木下小夜子 様にお話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

1985年、被爆40周年記念事業として創設された国際文化事業です。当時、国際アニメーションフィルム協会/ASIFA理事・ASIFA日本支部会長であったアニメーション作家の木下蓮三と、同事務局長であった木下小夜子が企画実現に尽力した結果、広島市が設立、開催を承認したものです。大会会長に広島市長、国際名誉会長にフランスの巨匠、ポール・グリモーが就任し、広島市及びASIFA日本支部の共催により発足し、世界のアニメーション界の全面的な協力を得て実現することとなりました。

―この事業の目的は何でしょうか。

命のないものに命を吹き込むアニメーション。国境や言語を超えた人類共通のメディアであり、人の織り成すあらゆる文化を内包するアニメーション芸術を通じ、人々が友好的に生きることを願うASIFAの心と、世界の恒久平和を願うヒロシマの心が一つになって、「愛と平和」の精神のもと開催されるアニメーションの祭典です。世界の優れたアニメーション作家や関係者と観客が一堂に会し、異文化交流し、アニメーション芸術のみならず、映像メディア文化、産業全般の振興・発展に寄与します。

上映会風景

上映会場風景

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

2年に一度開催される当フェスティバルは、この夏、第17回目を迎えます。国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)及び米国アカデミー賞公認のもと開催を続け、2018年には、ASIFAハリウッド支部主催の歴史ある「アニー賞」の公認映画祭にもなりました。今後もアーティストとそのパワフルな創造力を大切に、アニメーション制作者を大切にする映画祭として、また、世界に通用するプロへの登竜門として、貢献し続けます。