このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】The Japan Connect 旅する新虎マーケット

The Japan Connect 旅する新虎マーケットの様子
The Japan Connect 旅する新虎マーケットの様子

イベント開催情報

「人々の多様な交流により、新しいアイディアや多彩な文化・経済活動が創造される街『国際新都心』」を目指す「新虎通り」を舞台に、日本各地の様々なコンテンツを発信することで、国内外から日本各地への観光・訪問を喚起・誘発し、日本各地の観光振興、地域活性化に貢献する。
全国464自治体が加盟する(H29.2.6現在)「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合」の会員から各地域の魅力溢れるコンテンツを収集し、訪れた人々にヒト・モノ・コトを通じた発見や交流という体験を提供すると同時に、WEBやSNSを通じて国内に発信するとともに、多言語にも対応し日本の魅力を海外に伝達・拡散させる。

イベント概要

イベント名
The Japan Connect 旅する新虎マーケット
期間
2017/2/24(金)〜2018/3/31(土)
開催場所
東京都港区西新橋2丁目16番 他 新虎通り
主催団体
2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合
URL
https://www.tabisuru-market.jp/

インタビュー

本事業に関して、2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合事務局 藤井様にお話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

これまで各市町村は地域の魅力を知りつつも、単独で情報発信を行うには限界がありました。そこで、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に各地域の活性化を目指す「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化首長連合」を設立しました。500近い自治体が加盟するこの団体をプラットフォームとして各地域が連携し、オリンピック・パラリンピックのシンボルストリートとして注目を集める「新虎通り」から国内外へ情報発信を行うことにしました。

―この事業の目的は何でしょうか。

2020年のオリンピック・パラリンピック開催が決定して以降、東京、日本への注目度の高まりもあり、訪日外国人は増加しています。これを機に自治体が持つキラーコンテンツを国内外へ発信することで認知度を上げ、観光インバウンドにつなげ、地場産品の販路を拡大することで、日本各地の観光振興、地域の活性化を目指しています。また、この事業を行うことによって、地域が自らの魅力を再発掘・再認識することも大きな目的のひとつです。

旅するストアの様子

旅するストアの様子

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

「旅する新虎マーケット」は単なる物産展ではなく、地域の魅力を引き出して磨き上げ、「新虎通り」を地域のショーケースとして、訪れた人々にヒト・モノ・コトを通じた発見や交流という体験を提供します。加えてWEBやSNSなどを通じて日本全国の魅力を国内外に伝達・拡散することで、日本各地への観光・訪問を喚起・誘発していきます。また、ポップアップイベントなどを開催していくことで新虎エリア全体の賑わいを生み出し、2020年までの実施を目指しています。