このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】第1回ワールドシェフ王サミット ~第9回世界美食大会~

調理風景
会場遠景

イベント概要

イベント名
第1回ワールドシェフ王サミット ~第9回世界美食大会~
期間
2019/6/23(日)
開催場所
兵庫県淡路市
<ワールドシェフ王料理大会> HELLO KITTY SMILE
<世界食学フォーラム> 夢舞台国際会議場
主催団体
第一回ワールドシェフ王サミット ~第九回世界美食大会~ 実行委員会

インタビュー

本事業に関して、お話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

パソナグループは、2008年より淡路島で新たな産業と雇用を創出する“人材誘致”による地方創生事業に取り組んでいます。地域の新鮮な食材を活かしたレストランやカフェ等を運営し、新たな食文化を提案するほか、遊休資産を活用した観光施設の運営、伝統工芸作家の支援、さらに世界各国から様々な人材が集まる仕組みづくりに挑戦しています。中国東方美食集団は、「貴重な野生動植物の調理拒否」や「自然で健康的な料理と化学添加物の使用を減らす」という公益理念を掲げ、人類の健康寿命の延伸や、持続可能な食学体系の構築を目指し、食の専門書の編纂・出版や、世界美食大会の開催に尽力しています。
その両社が、「食」「健康」「地方創生」を通じて、世界の持続可能な社会の実現と繁栄に貢献することを目的に企画しました。

―この事業の目的は何でしょうか。

「食」「健康」「地方創生」を通じて、世界の持続可能な社会の実現と繁栄に貢献することを目的にしています。同サミットを通じて、淡路島の魅力を島内外に発信し淡路島の経済振興・地方創生に貢献するとともに、「食」「健康」「地方創生」を通じた健康的な社会のあり方を提言してまいります。

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

本サミットでは、世界からSDGsと食に関する専門家を集め、持続可能な未来のための「SDGs淡路島宣言」をまとめます。本宣言は、持続可能な開発目標(SDGs)の実施に関して、「食」「健康」の観点から国際社会のモデルとなるような具体的な実行指針です。今後も、「食」「健康」「地方創生」を通じた健康的な社会のあり方をを淡路島から発信してまいります。