首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

[キーワード解説]


[2004/10/14]第159号

● 日本郵政公社

 日本郵政公社は、郵便、郵便貯金、簡易保険の郵政3事業及び郵便局等の
施設を活用したその他の業務を総合的に行う国営の企業です。

 郵便制度は、明治4年、前島密によって創設され、翌年にはほぼ全国で実
施されるまでに発展しました。8年には郵便貯金の制度も始まり、国民の生
活や国家の経済の発展に大きな役割を果たしました。また、国民一般の経済
生活の安定を図るための施策として、大正5年に簡易保険の制度がつくられ
ました。

 このように、郵政3事業は近代国家を作り産業を育てるための国策として、
これまで一貫して国が運営してきました。

 国の行政組織並びに事務及び事業の減量、効率化を目的とする中央省庁等
改革の中で、より適切かつ確実なサービスを提供するため、郵政事業の実施
主体を国から公社に改めることとされました。これにより、組織、予算、定
員などについて予め国会の議決を必要とする「事前管理」から、具体的な経
営目標やその達成のための計画を策定して総務大臣の認可を受け、これに基
づいた業績評価を実施していく「事後評価」に変え、自律的かつ弾力的な経
営を目指すこととされました。そして、平成15年4月1日に日本郵政公社
がスタートしました。

 日本郵政公社は民間的経営手法を積極的に採り入れ、新しいサービスに取
り組んでいます。例えば、翌日配達エリアの拡大といった既存サービスの改
善や、500円で全国どこでも送ることができる「エクスパック500」、
携帯電話料金、国民年金保険料などをパソコンや携帯電話で支払うことがで
きる「ゆうちょPay-Easy(ペイジー)サービス」などの新サービスを行って
います。

 「郵政民営化の基本方針」では、2007年4月に日本郵政公社を廃止し、
窓口ネットワーク、郵便、郵便貯金、郵便保険の4事業会社と国が全額株式
を保有する持株会社を設立し、民営化するとしています。

 民営化により、経営の自由度の更なる拡大を通じて、便利で多様なサービ
スの提供が可能になり、国民の利便性を向上させることが期待されています。

小泉内閣メールマガジン広告バナー