首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2004/10/14]第159号

● やればできる

 小泉純一郎です。

 12日から臨時国会が始まりました。

 臨時国会初日の所信表明演説の中で、私は「『やれば出来る』は魔法の合
いことば」という一節を紹介しました。今年の春と夏の甲子園で活躍した愛
媛県済美高校の校歌からの引用です。

 悲観論からは何も生まれません。いかなる困難があってもくじけることな
く努力する。ひるむことなく立ち向かって、危機をチャンスに変えていく。
失敗しても、次の成功への挑戦と受けとめる。勇気と誇りをもって日本の明
るい未来を築こうという思いを国民のみなさんに伝えたかったからです。

 総理大臣に就任して以来、「民間にできることは民間に」「地方にできる
ことは地方に」との方針で一貫して改革を進めてきましたが、ようやく出て
きた「改革の芽」を「大きな木」に成長させることができるか否か、これか
らがいよいよ正念場です。郵政事業の民営化や三位一体の改革の具体化を実
現してまいります。

 いつも言っていることと変わらないじゃないかという批判がありますが、
これまでの方針を実現するのが私の任務です。変えないことが大切なのです。
 
 所信表明演説でも紹介した高校球児たち、アテネオリンピック、パラリン
ピックの選手たちの活躍、そして大リーグ記録を塗りかえたイチロー選手、
大リーグのワールドシリーズ優勝を目指してプレーしている松井選手の活躍
など、私は、彼らのすばらしい活躍を見るたびに、その陰に隠された厳しい
練習と血のにじむような努力、想像をはるかに超える重圧に耐えてきた精神
力を思わずにはいられません。そして、彼らのようになることを目指して、
たくさんのスポーツ選手が努力を続けていることも忘れることはできません。

 青年海外協力隊、イラク人道復興支援やPKO活動に携わる自衛隊の諸君。
9月に訪問したブラジル、メキシコには、日本から渡り、気候も言葉も生活
習慣も異なるかの地で苦労を重ねて生き抜いてきた日系人の方々、海外出張
するさきざきには、現地の経済の一翼を担って活躍する日系企業の関係者の
方々。日本人や日系人のみなさんが、世界各地で活躍し、現地の人々から信
頼と高い評価を受けていることを誇りに思います。

 これから臨時国会。「やればできる。」の合いことばを胸に、改革に取り
組んでいきたいと思います。

小泉内閣メールマガジン広告バナー