首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

[特別企画]


[2004/12/16]第168号

● 第2回政策アンケートの結果について

 11月25日から12月5日まで行った、小泉内閣が取り組んでいる郵政
民営化についての政策アンケートには、読者の皆さんから1万5千件を超え
る回答をいただきました。今回は、アンケート結果についてご報告します。

(問1:郵政民営化に期待するか 択一回答)

    総投票数:           15,160(100%)

        期待する        10,425( 69%)
        期待しない       2,946( 19%)
        わからない       1,789( 12%)

 なお、「期待する」という回答は男性で78%、女性で63%です。
 「期待しない」という回答は男性で16%、女性で21%でした。


(問1−2:郵政民営化のどのような効果に期待しているか 複数回答)

        営業時間の延長     9,502( 63%)
        経済の活性化      8,040( 53%)
        職員の対応がよくなる  6,459( 43%)
        国の収入が増える    6,338( 42%)
        小さな政府が実現    6,091( 40%)
        料金が安くなる     5,820( 38%)
        新たな事業が行われる  5,019( 33%)
        サービスの向上     4,042( 27%)

         括弧内は、問1の総投票数に対する割合


(問2:郵政民営化の具体的アイディア)

 約6,800件のアイディアの中から、100件を編集部で選ばせていた
だきました。以下のページをご覧ください。

※ 郵政民営化の具体的アイディア
 


 代表的なアイディアを以下にご紹介します。

・お年寄りや障害者の訪問、介護サービス

・保育事業:郵便局は立地条件がいいし何より少子化対策にもなる

・住民票、戸籍などの発行及び配達(ネット、電話で注文できる)

・交番と一緒にして24時間サービスをする

・災害時の連絡サービス

・インターネットを店舗に設置し、地域住民に利用させる

・地域の伝言板、意見交換場所として利用してもらう

・PETボトルから衣類まで、幅広い物資のリサイクル活動の拠点

・航空機、JRの乗車券、観劇、スポーツ等の入場券の予約、販売

・コンビニ併設等の多角経営化

・切手を広告化し広告収入を得る

・電子メールの配送サービス(メール→郵便局→紙で配達)

・郵便物を送る毎にポイントが貯まり、切手と交換する等の仕組み

・外国郵便の翻訳や代筆

・郵便箱に出したい郵便物を入れ、配達時に回収するサービス


(問3:郵政民営化について考えること)

 約7,900件のご意見の中から、120件を編集部で選ばせていただき
ました。以下のページをご覧ください。

※ 郵政民営化について考えること
 


 代表的なご意見を以下にご紹介します。

・郵政民営化に期待する(10件)

 民間圧迫などといわれているが銀行だって運送会社、保険業界だって変わ
る良い機会。規制をできるだけ廃して競争すれば良いと思う。

 民営化後は郵政公社も民間と同じ土俵で競い合うべきだ。金融業務では、
貯金業務・保険業務に加え、企業向け融資、消費者向け融資、住宅ローンに
進出すべきだ。また、ドイツポストやDHLといった海外大手貨物会社と競
うべく、郵便に留まらずとかく非効率と言われる我が国物流の効率化に積極
的に挑戦頂きたい。分割して小さくするより、将来は必要に応じて企業買収
を進めていくぐらいの気概が欲しい。巨大化して問題があるようなら独占禁
止法で対応すれば足りるはずだ。発展的な民営化に期待したい。 

 多くの人が郵政民営化に反対している理由の一つに過疎地域の問題があり
ます。民営化すれば利益の上がらない過疎地域の郵便局は閉鎖されるのでは
ないか、ということです。僕は、民営化には賛成です。しかし、過疎地域の
郵便局は残してほしいです。今年の多発した災害では、郵便局が安否確認に
大きな役割を果たしたと言います。郵便は民営化しても国民の大切なインフ
ラです。今までの郵便局が果たしていた役割は、そのまま残してほしいと思
います。過疎地域の郵便局については、第三セクターのような形にすればい
いのではないかと思います。

 全国均一サービスにこだわる必要は無いと思う。地域によりサービスに格
差があるのは当然。新聞でも都会なら夕刊の配達があり地方なら朝刊だけと
いったサービスの格差があるが、郵便サービスでも地域による格差があって
しかるべきと思う。都会の便利さをとるか、不便でも地方の自然の美しさを
とるかは、それぞれの個人の選択の問題。効率の良い小さな政府を望みます。

 私は現在オーストラリアに住んでいます。その前はシンガポールに住んで
いました。どちらも郵便業務は民営です。シンガポールの窓口では公共料金
の支払いだけではなく運転免許証の更新も出来ました。シンガポールでもオ
ーストラリアでも郵便物の配達になんの不安もありません。日本の皆さんも
海外の事例を参考にされたら如何でしょうか。

 山奥の過疎村まで都会同様の一日数回の宅配サービスまで望む必要は無い。
社会的効率の許す範囲で一日一回、または週数回の間引きサービスでも良い。
社会的コストの平均化を全国的に有る程度するべき。営業時間の延長、休日
の郵便業務のみ実施など今すぐ出来る事は多い。民間的発想で消費者ニーズ
に沿ったサービス改善へ変身して欲しい。是非官から民へ、中央から地方へ、
の小泉改革の優秀モデルになって欲しい。

 最大規模の店舗数があり、ネットワークでは日本一です。その強さをいか
に生かすかが大きなポイントです。私は、銀行員ですがもし求人があったら
是非トライしてみたいです。とくに融資業務は、銀行が上ですから。煩雑な
事務をいかに簡素化出来るか、それが郵政民営化の鍵となるのではないでし
ょうか。

 元国鉄職員です。国鉄がJRに民営化されたことに喜びと国鉄時代の技術
が承継されていることに誇りを持っています。更に新しいサービスが生み出
されてきています。郵政も民営化されて思いっきり新しい力を出してほしい。
戦後の復興は終わったのです。この時代は民では無理でした。今は民で大半
のことができる時代です。期待します。

 一番期待しているのは、専業になることでのプロ化です。郵便、貯金、保
険、という全く異なる分野を一手に手がけていた郵便局が、各個の分野に明
確に分かれることで、今まで考え付かなかった良いサービスに気付くことに
期待しています。国鉄も電電公社も、民営化して格段に良くなりました。郵
便局だけはダメだという理屈には納得しかねるので、郵政民営化は是非とも
成し遂げて欲しいと思っています。

 以前郵便局に行って、簡単な手紙を書いて出そうと思い窓口で必要な物を
購入しようとしたら、封筒や便箋は売ってないんですね。知らなかった私が
無知なんですが。それこそ関連商品じゃないですか、民営化されればそうい
った利用者のことを考えた小さなサービスが充実してくれればと思います。
旅先なんかでちょっとした便りを書く時なんか、郵便局にそんなスペースや
グッズがあれば結構使えると思いますが?


・郵政民営化に期待しない(8件)

 民営化するとばら色の世界になるとの考え方自体に疑問を感じる。民間が
やることがすべて良くて、公務員がやることはすべて悪いとの考え方自体が
理解できない。競争することが利用者にとって利益となるのか?競争すれば
効率、利益を追求する民間会社としては、利用者に対するサービスは必ず低
下する。利益を追求するからだ。民営化する必要性をぜひ説明してほしい。

 郵便サービスと金融・保険機能は分けて考えるべき。郵便サービスは国営
のままでもよいのではないか。どうしても民営化したいというのなら、信書
も民間企業に扱わせるべき。同じ競争条件にしない限り透明な民営化にはな
らない。金融と保険は民間とでは競争にならない。まったく同じステージに
立たせられるのなら別ですが。既存の契約を引き継ぐ会社を残して、新規契
約・貯金などは停止すべき。

 郵政民営化は民業圧迫との批判があり、私も同感です。貯金や保険の部門
と民間の金融機関と合併する、というのはいかがでしょうか?たとえば、東
京都港区の郵便局(貯金部門)と都市銀行を合併。小都市の郵便局は信金と
合併。小分けにして民間と一緒になれば民業圧迫にはならないでしょうし、
公務員も削減されます。いかがでしょうか?また、はがき・手紙の郵便サー
ビスは、民間でも官営でも構いませんが、必ず現状を維持して下さい。

 郵政事業が税金の持ち出しをしているのなら、郵政民営化が「小さな政府」
になるという議論は理解できる。そうでないなら、こういう論法は欺瞞的だ。
郵政民営化のポイントは財投の縮小にあろう。後発資本主義国では資本蓄積
が不十分なため零細資金を国家保障の下集約化し産業基盤に投資する必要が
あった、が今や必要がなくなった。民間の「金融ビッグバン」と同様に、政
府部門は財投改革と特殊法人改革が必要なのだ。出口の道路をおざなりにや
ったことで、入口の郵貯に手を付けることについての、国民同意は取り付け
にくいのではないか。

 首相が言うのはいいことばかりで、デメリットが全く説明されていない。
田舎の郵便局でコンビニ、旅行業務が本当に成り立つ?何でもできるのは都
会の郵便局だけ。田舎はいずれ採算が取れずになくなる。銀行だって、採算
が取れないからどんどん撤退してるんだし。ネットがあるなんて言うけど、
それで決済なんて、老人には無理です。それにこのアンケート。賛成意見し
か選択できないなんて意図が見え見え。

 長年に渡り培ってきた郵政事業に対し、「今、なぜ郵便局を民営化しなけ
ればならないのか」。我々が本当に求めているのは、年金・医療・福祉の改
革であり地方を無視した政治は勿論困るし、十分活躍している郵便局を民営
化し、競争原理の導入を取り入れれば、過疎地における郵便局は、間違いな
く廃止となる。そんな過疎地にも、老人も居れば、子供だって生活している
事を忘れないで欲しい。地方切捨て政治絶対反対である。

 税金を使わない公務員、独立採算でやってきた役所というのは、世界に誇
っても良い存在だと思います。税金を納める存在になどならなくても良いで
はないですか。(昭和9年までは事業収入を国庫に上納していたそうですが。)
最近でも旧国鉄債務のために1兆円を融資していると聞きます。郵便貯金の
資金、民間の銀行でも企業(事業所)へでも融資出来るように知恵を出して
良い方法を開発すればいいと思う。入口が悪いのではない。出口をキチンと
することです。何が何でも民営化はおかしいと思います。

 上記の質問は、民営化を前提にした質問内容になっていますが、わたしは、
民営化は必要ないと思っています。税金を使っていない郵政公社に私たちは
満足しています。税金から給料が出ていないのに民営化したからといって小
さな政府が実現できるのですか?民営化したら株主のために利益追求に走り、
結果として採算が取れない郵便局が廃止となるのは目に見えております。高
齢化社会の日本では、身近で、利用者を差別しない国営の郵便局が必要です。


・わからない(2件)

 公社の経営努力を今しばらく見て行きたい。特に無配特定局は運営コスト
が高い。廃止せず簡易局に移行させる方法もある。財投の預託制度が近い将
来無くなるので、郵貯等の資金は公社のままでも政府の考え方次第で特殊法
人等に流れないのではないか。公社のままで民間に資金をまわすことは不可
能なのか。40万人の公社職員を公務員から民間に移すことで利用者にどん
なメリットがあるのか。今のままでも努力すれば利用者へのサービスは向上
する。もう少し具体化された設計図が示されないと民営化の是非が判断でき
ない。

 私は工務店に勤務していますが、郵便が公社化されてから、郵便配達の際
に「何か郵便はありますか?」と声を掛けてくださったり、また切手や印紙
などのお届けサービスが始まったりと、とても助かっています。安く、便利
になるというなら確かに民営化は歓迎すべきことなのかもしれませんが、山
奥や離島などにお住まいの方のことを考えると、採算が取れないという理由
で業務縮小されてしまうかもしれないといった不安は尤もで、その不安を解
消できるきちんとした方策を一般の人にもお年寄りにもわかりやすく明確に
提示すべきだと思います。
小泉内閣メールマガジン広告バナー