首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/01/20]第172号

● 天災を忘れずに

 小泉純一郎です。

 17日、阪神・淡路大震災から丸10年が経ち、被災地では、様々な追悼
の催しが行われました。

 大震災の時には、そして、昨年の地震の被害などに際しても、海外の方々
から暖かい支援をいただいたことを私たちは忘れることはできません。

 街づくり、地域社会、そして住民の心というすべての面で、引き続き力を
あわせて、復興の道を歩み、災害に強い国づくりを進めなければなりません。

 この10年間で、災害に対する備えは大きく改善されました。たとえば、
阪神・淡路大震災のときは、市町村の消防のホースや金具の規格が揃ってい
ないために隣町の消防車と共同で消火作業ができないことがありました。こ
の経験を踏まえて、今ではどの消防ホースもつなげられるように改善がなさ
れました。

 大震災前は、防災訓練に自衛隊が参加していない自治体が数多くありまし
たが、今では、各地で共同訓練が行われ、自治体と自衛隊の協力体制ははる
かに強固になりました。

 私は、神戸で、18日から開かれている国連防災世界会議に出席し、開催
国の代表として演説に立ち、10年前の甚大な被害の経験から、官民が立ち
上がって災害に強いまちづくりを進め、災害時の即応体制や応援体制を充実
強化してきたことを紹介しました。

 ボランティアの人々による支援も大切です。阪神・淡路大震災のときにも
多くのボランティアの方々が被災地支援に駆けつけてくれましたが、せっか
くのボランティアの方々が必ずしも十分に力を発揮できない面がありました。
この経験から、昨年の新潟県中越地震では、駆けつけたボランティアの方々
を取りまとめるボランティアの人々が現れて、ボランティアの力が十分に活
かされる体制をとることができました。

 神戸の会議でも、ボランティアの支援の大切さを訴えました。

 また、日本の国際防災協力として、外国に対して開発援助をする際に、防
災の視点が取り込まれるように、「防災協力イニシアティブ」を提唱すると
ともに、アジアの一員としてアジア防災センターを通じた防災協力をさらに
進めることを発表しました。

 先週のメルマガでご紹介した「稲むらの火」で多くの村人を津波から守っ
た浜口梧陵は、その後私財をなげうって地元の海岸に堤防を築きました。そ
れから約90年後、再び村を津波が襲った時には、この堤防のおかげで被害
を食い止めることができたそうです。

 「天災は忘れたころにやってくる。」といわれますが、私たちはこれを忘
れることなく、経験を世界の人々と共有して、防災のために世界が力を合わ
せていくことが大切だと思います。

 いよいよ、明日21日から国会が開会します。冒頭、本会議で、国政にあ
たる基本方針を演説することにしています。

 この国会では、まず、災害対策の補正予算を、次に来年度予算を一日も早
く成立させるよう努力いたします。そして、小泉内閣の構造改革の本丸とい
うべき郵政民営化について法案を国会に提出し、成立を期します。

 改革に終わりはありません。日本の明るい未来のために改革に邁進してま
いります。

小泉内閣メールマガジン広告バナー