首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/04/21]第185号

● アジア・アフリカとの協力

 小泉純一郎です。

 今週は、月曜日(18日)にはスイスのシュミート大統領と、昨日(20
日)はオーストラリアのハワード首相と会談しました。両国ともに、これか
ら経済関係の一層の緊密化が期待されますし、オーストラリアとは、東ティ
モールの平和維持活動やイラクの復興支援活動などの面でも密接な協力関係
にあります。今後さらに関係を強化していきたいと思います。

 明日から日曜日まで、インドネシアに出張し、アジア・アフリカ首脳会議
に出席します。この会議は、1955年にインドネシアのバンドンでアジア
・アフリカ諸国29カ国の首脳などが一堂に会した歴史的な会議から50周
年を記念して開かれるもので、約100カ国の首脳などが集まります。

 会議では、アジア・アフリカ諸国に対する日本の協力を改めて明らかにす
ることにしていますが、会議の合間に時間の都合のつく限り二国間の首脳会
談をして、アジア・アフリカ諸国との関係をさらに強化していきたいと思い
ます。

 土曜日には、地震と津波の被害の大きかったスマトラ島アチェに飛んで、
現地の状況や日本の復興支援の模様を見てくることにしています。震災から
の復興のために、これからもできる限りの支援を続けていく予定です。

 先週末も、中国で、デモ隊の一部が総領事館や日系企業の店舗などに投石
したり、日本人に暴力をふるうなどの行為があり、被害が発生したことは大
変遺憾です。

 中国側に対しては、謝罪と賠償、そして再発防止を求めていますが、日本
と中国の間に意見の異なることがあっても、日中両国が対立を強調したり、
非難しあうのではなく、未来志向で協力していくことが大切だと思います。

 中国側の暴力的な行為に反応して、日本国内の中国関連の施設に対し、ペ
ンキを吹きかけたり、かみそりの刃を送りつけるなどの行為が見られました
が、とても残念に思います。こういう時こそ冷静に、日中友好を基本に行動
して欲しいと思います。

 郵政民営化法案に関する政府と与党との間の真剣な調整が続いています。
もともと郵政民営化には反対だという議員がたくさんいたわけですから、調
整が難航するのは覚悟していました。

 今月中に法案を閣議決定して国会に提出するというのが政府の方針です。
昨年秋に閣議決定した基本方針に基づいて民営化を進めていくという考えに
変わりはありません。

 いよいよ大詰めですが、与党の理解をえられるように努力しながら、法案
作成作業を続けてまいります。

小泉内閣メールマガジン広告バナー