首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/07/07]第195号

● 郵政民営化法案の衆議院通過

 小泉純一郎です。

 郵政民営化法案が衆議院で可決されました。自民党議員からも反対票が投
じられ、賛成233票、反対228票、その差5票という僅差での可決でし
た。

 「民間にできることは民間に」「地方にできることは地方に」という考え
で進めてきた構造改革の中でも、郵政民営化は「改革の本丸」ともいうべき
ものです。

 この法案は、現在約40万人の公務員によって行われている郵便、貯金、
簡易保険の郵政三事業を民間人に経営してもらう法案です。民間の創意と工
夫できめ細かいサービスが提供できるようになることだけでなく、約340
兆円にのぼる郵便貯金と簡易保険の資金を民間の知恵で効率的に運用できる
ようになることなど「小さな政府」をつくり経済の活性化につなげるための
重要な柱なのです。

 民営化法案は、過疎地や離島の郵便局はなくならないように十分配慮した
案になっています。民営化が実現すれば、郵便局では、今までの三事業に限
ることなく、民間ならではの知恵や工夫で、いろいろな事業を展開するよう
になると思います。

 衆議院では、特別委員会で延べ約110時間に及ぶ賛成論、反対論双方か
らの熱心な審議を経て、一昨日の衆議院本会議での採決になりました。

 「民間にできることは民間に」という総論には賛成しながら、郵政民営化
という具体論になると根強い「反対」があるなかで、これまで断固反対の大
合唱と闘いつつ、外堀を埋め、内堀を埋め、ようやく本丸攻めまでこぎつけ
ることができました。

 いよいよ参議院の審議に移ります。気を引き締めて民営化法案成立に向け
てこれからも頑張ってまいります。 

 七月七日は七夕。一年に一度、織姫と彦星が天の川で再会すると言われて
います。私も小さい頃、願いごとを短冊(たんざく)に書いて笹の葉に結び
つけたものです。

 彦星ではありませんが、私は、今日、一年に一度の再会、世界の首脳たち
とともにイギリスのグレンイーグルズで開かれているG8サミットに出席し
ています。

 議長を務めるイギリスのブレア首相とは、先月末にテレビ電話で会談しま
したが、今回のサミットの中心テーマは「気候変動問題」と「アフリカ支援」。

 環境保護を進めると経済発展を阻害するという考え方がありますが、私は
そうは思いません。環境保護と経済発展は両立できます。「もったいない」
という心やクールビズ、ゴミを減らすリデュース(reduce)、使えるものを
くりかえし使うリユース(reuse)、資源を再利用するリサイクル(recycle)
の「3R」や燃料電池や太陽発電、バイオマスなどの省エネルギー、脱石油
の取り組みについて、サミットの場で世界に提案したいと思っています。

 アフリカの貧困や病気の問題は、日本にとって、国際社会の責任ある国と
して、大切な問題です。アフリカ問題の解決なくして世界の平和と繁栄はあ
りません。

 先週、アフリカの33カ国の在京大使や代表者たちが官邸に来ていただい
たときにも、日本がアフリカ支援に力を入れていること、そしてアフリカの
国々が自らの努力によって発展していただきたいと話しました。

 ほかにも、世界の情勢、国連改革、北朝鮮、イラクなど、よい機会ですの
でいろいろな問題について話し合いたいと思っています。
小泉内閣メールマガジン広告バナー