首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/07/14]第196号

● サミットとロンドン同時多発テロ

 小泉純一郎です。

 先週、イギリス北部スコットランドのグレンイーグルズで開かれたG8サ
ミットは、会議開始直前にもたらされたロンドンでの同時多発テロの報によ
り、会議場の空気は一変しました。

 G8の首脳は、直ちに「テロに対する強い憤りと、テロには屈することな
く戦っていく」という強いメッセージを発出しました。議長役のイギリスの
ブレア首相は、午前の会議を終えて急きょロンドンにもどりました。しかし、
このテロによって今回のサミットを中止してはならない、サミットの会議は
続行すべきだということで、ブレア首相の不在中もジェイ外務次官、ストロ
ー外務大臣が立派に議長役を務められました。

 このテロにより、多数の方々が被害にあわれました。犠牲となられた方々
にお悔やみを申し上げるとともに、被害にあわれた方々に心からお見舞いを
申し上げます。

 テロ対策でもっとも重要なことは、これを未然に防ぐことです。日本にお
いても、交通機関などの安全について関係省庁、各機関がよく連携し、海外
とも協力しながら情報を収集し、常に油断なく警戒にあたります。

 今回のサミットの主要な議題は、アフリカ問題と気候変動問題でした。日
本は、G8サミット参加国の中でアフリカともっとも地理的に遠い国ですが、
「アフリカ問題の解決なくして世界の安定と発展はない」という基本方針の
もとで、日本としてできる限りの支援をしていこうということで、他の国々
とは違った民生の安定、貧困の削減、感染症などの保健、教育、農業など、
アフリカ諸国が自らの力で立ち上がっていけるような、そしてアフリカの人
々がもっとも必要としている支援を中心に協力してきました。

 サミットでは、日本の経済協力(ODA)を今後5年間で100億ドル積
み増すこと、特にアフリカに対する支援は3年間で倍増させようということ
を表明しました。

 気候変動の問題については、廃棄物を減らす、使えるものを再使用する、
資源を再利用する、リデュース(reduce)、リユース(reuse)、リサイク
ル(recycle)の3Rの方針とものを大切につかう「もったいない」という
考え方で日本は取り組んでいることを紹介して、科学技術の力によって環境
保護と経済発展を両立させる、その取り組みを各国とも協力してやっていこ
うと訴えました。

 サミットの前夜、エリザベス女王主催の晩餐会が開かれ、食事中スコット
ランド民謡などの音楽が演奏されていました。終わり近くになってバグパイ
プの音楽が演奏されたとき、「これが演奏されるともうお開きが近いという
ことだ。」という話があったので、私から、「日本では、スコットランド民
謡の『蛍の光』が流れると会はお開きになる。」という話を紹介しました。

 スコットランド民謡の原曲の歌詞は、古い友人との友情を大切にするとい
うもので、大晦日にも歌われるようです。

 晩餐会では、「『蛍の光』は、日本で『哀愁』という名前で公開された映
画にも使われていて、原題は『Waterloo Bridge』だった。」という話など
を私から紹介して、エリザベス女王、ブレア首相、ブッシュ大統領としばし
映画と音楽の話で盛りあがりました。

 昨日から郵政民営化法案の参議院での審議が始まりました。郵便局の仕事
は約40万人の公務員でなくとも民間人で十分にできるということなど、こ
れからも皆さんにわかりやすく丁寧に説明し、多くの国民の理解を得られる
よう法案成立に向けて誠実に対応してまいります。
小泉内閣メールマガジン広告バナー