首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/08/11-08/18]第200号

● 郵政解散

 小泉純一郎です。

 8月8日、衆議院を解散いたしました。小泉内閣の「改革の本丸」と位置
づけてきた郵政民営化法案が参議院本会議で否決され、廃案となりましたが、
私は本当に国民の皆さんがこの郵政民営化は必要ないと思っているのか、直
接聞いてみなければならないと思い、衆議院を解散しました。

 いわば、今回の解散は「郵政解散」です。郵政民営化に賛成してくれるの
か、反対なのか、これをはっきりと国民の皆さんに問いたいと思います。

 今まで、すべての政党が郵政民営化に反対してきました。なぜ「民間にで
きることは民間に」と言いながら、この郵政三事業だけは民営化してはなら
ないと言うのか?私はこれが不思議でなりません。

 郵便局の仕事は本当に公務員でなければできないのか?役人でなければで
きないのか?私はそうは思いません。「大事な仕事だから公務員でなければ
だめだ。」と言う人がいますが、それこそまさに官尊民卑の思想です。それ
は民間人に失礼だと思います。

 郵便局の仕事は民間の経営者に任せても十分できる、むしろ、民間人によ
ってこの郵便局のサービスを提供していただければ、今よりももっと多様な
サービスが展開できる、国民の利便性を向上させる。民間の経営者は、国が
こういう商品を出しなさい、こういうサービスをやりなさいと義務づけなく
ても、国民に必要な商品やサービスを展開してくれると思います。

 私は、「この郵政民営化よりももっと大事なことがある。」と言う人がた
くさんいることも知っています。しかし、この郵政事業を民営化できないで
どんな大改革ができるというんでしょうか。私は、前々からこう言っている
んです。「行財政改革をせよといいながら郵政民営化に反対することは、
『手足をしばって泳げ』と言うようなものだ。」と。

 本当に行政改革、財政改革をやるんだったら、郵政民営化の実現なしには
進められません。郵政三事業には約38万人の公務員が携わっている。私は、
これを民間人に開放するべきだと言っているんです。私は、郵便局は国民の
資産だと思っています。過疎地の郵便局もなくなりません。今の郵政三事業
のサービスは、民間人に任せても、地方においても、過疎地においても維持
される、十分にできます、ということを言っているんです。

 約400年前、ガリレオ・ガリレイは、天動説の中で地球は動くという地
動説を発表して、有罪判決を受けました。そのとき、ガリレオは、「それで
も地球は動く。」と言ったそうです。

 今、国会では「郵政民営化は必要ない。」という結論を出しました。「そ
れでも郵政民営化は必要だ。」と私は思います。私はもう一度国民の皆さん
に聞いてみたいと思います。本当に郵便局の仕事は公務員でなければできな
いのか、民間人でやってはいけないのかと。
  
 そして、郵政民営化についての国民の皆さんの支持を得て、衆議院で過半
数の勢力を得ることができれば、参議院の反対した皆さんも協力してくれる
と思います。選挙終了後国会を開いて、郵政民営化の法案を成立させるよう
に努力していきたいと思います。

     *     *     *     *     *     *     *     *    *     *

 8日の午後には、メルマガ読者の方々に官邸に集まっていただき、メルマ
ガ創刊200号記念の「メルマガ官邸座談会」を開催しました。郵政民営化
法案の否決を受けた衆議院解散の臨時閣議とちょうど時間が重なってしまい、
残念ながら、私は出席することはできませんでしたが、組閣の時に閣僚が並
んで写真を撮る官邸内の階段のところで、座談会を終えた参加者の皆さんと
一緒に記念撮影をすることができました。

 今回は、読者の方々と直接お話しすることはできませんでしたが、これか
らも、できるだけ読者の皆さんからのメールでの質問などにお答えしていき
たいと思います。

 小泉内閣発足当初から始めたこのメルマガも、今回で200号。最初は、
ここまで続けられるとは思っていませんでした。ここまで続けることができ
たのも読者の皆さんの暖かい応援や励まし、あるいは率直なご批判のおかげ
です。本当にありがとうございます。

 これからもメルマガを応援してください。

小泉内閣メールマガジン広告バナー