首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/09/15]第202号

● 国民の皆さんとともに郵政民営化を実現します

 小泉純一郎です。

 9月11日の衆議院選挙で、自民党が296議席、公明党と合わせた与党
全体で327議席、目標の過半数を超える議席を獲得することができました。

 今回の総選挙でこれだけ多くの議席を獲得することができたのは、「郵政
民営化は必要だ」「構造改革は進めなければならない」という国民の皆さん
の強い思いのあらわれだと思います。大変力強い、そして大きなご支持をい
ただき、本当にありがとうございます。

 「公務員を減らしなさい」「行財政改革を断行しなさい」「民間にできる
ことは民間に」ということには賛成しながら、なぜ郵政三事業だけは民営化
してはいけないのか。なぜ郵政三事業は約38万人の公務員が運営しなくて
はならないのか。

 郵政民営化の問題は、まさに「総論賛成、各論反対」の典型です。先月、
国会は、「郵政民営化は必要ない」という結論を下しました。しかし、私は
国民が本当に郵政民営化は必要ないと思っているのか、直接皆さんに聞いて
みたいと思って、衆議院の解散を断行しました。

 今回の総選挙で示された「郵政民営化は必要だ」という国民の皆さんの声
によって、ようやく改革の各論に踏み込んで、この郵政民営化を実現するこ
とができるようになりました。

 皆さんのご支持を小泉内閣の力に変えて、できるだけ早く郵政民営化法案
を成立させ、国民の皆さんとともに郵政民営化を進めていく決意です。

 郵政民営化は、「簡素で効率的な政府」をつくるための行財政改革、「経
済を活性化」するための経済改革、そして「一部の利益ではなく国民全体の
ことを考える」政治構造の改革につながる「改革の本丸」です。民営化実現
を通じて、改革を止めることなく、社会の全ての分野の構造改革を加速して
まいります。

 先週、九州、四国地方に記録的な大雨を降らせた台風14号は、各地に土
砂災害を引き起こし、甚大な被害をもたらしました。アメリカではハリケー
ン・カトリーナが猛威をふるい、ニューオーリンズ市の8割が水没し、今な
お被災者の捜索が続くなど、未曾有の大災害になりました。

 「災害は忘れた頃にやってくる」という言葉がありますが、いつ災害が起
きてもおかしくないという心構えで防災対策を進め、災害に強い国づくりを
目指します。

 今日は、国連総会に出席するため、ニューヨークに向けて出発します。し
ばらくお休みしていたメルマガも今週から再開。また皆さんと対話できるこ
とを楽しみにしています。


小泉内閣メールマガジン広告バナー