首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/09/22]第203号

● 第三次小泉内閣発足

 小泉純一郎です。

 昨日(21日)開かれた特別国会での首班指名を受けて、三たび、内閣総
理大臣の重責を担うこととなりました。直ちに、全閣僚を再任し、第三次小
泉内閣を発足させました。「引き続き改革を進めよ」という国民の皆さんの
声を厳粛に受け止め、構造改革を止めることなく、しっかりとした軌道にの
せて行きたいと思います。

 私は、まず、先の通常国会で否決され廃案となった郵政民営化法案を再度
国会に提出し、これを成立させていきます。

 そして、「民間にできることは民間に」「地方にできることは地方に」と
いう方針に立って、政府系金融機関の改革の問題、補助金、税源、地方交付
税の改革のいわゆる「三位一体の改革」、そして国家公務員の総人件費や人
員の削減の問題に取り組んでまいります。この年末にある来年度の予算編成
は、小泉内閣にとって最後になる大事な予算編成です。「改革なくして成長
なし」という考え方がはっきりと数字でわかるように、財政出動にたよるこ
となく経済を活性化させるという改革路線を後もどりさせない方向を明らか
にするような予算編成にしていかなければならないと思っています。

 外交面でも、課題は山積しています。テロとの闘い、イラクへの人道・復
興支援、北朝鮮との問題など重要な外交問題に引き続き全力を尽くしてまい
ります。

 私は、先日の国連総会で、貧困に苦しむ人々に手をさしのべる「優しい国
連」、テロと闘い平和を築く「強い国連」、多くの困難な課題に「効率的に
機能する国連」が必要だと訴えました。これからも世界各国と協力して安全
保障理事会の改革を含めた国連改革を進めていく考えです。

 改革に終わりはありません。私に残された任期はあと一年ですが、改革を
止めることなく、これからも総理大臣の職務をしっかりと務めていきたいと
思います。

 引き続き、メルマガ読者の皆さんからのご意見や応援をお願いします。



小泉内閣メールマガジン広告バナー