首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/09/29]第204号

●国会審議開始と「愛・地球博」閉会

 小泉純一郎です。

 特別国会の審議が始まりました。26日におこなった所信表明演説の中で、
改めて構造改革を断行する決意を明らかにし、同じ日に、先の通常国会で否
決・廃案となった郵政民営化法案を再度国会に提出しました。

 政治は国民全体のものであり、一部の既得権益を守るものであってはなり
ません。今まで郵政民営化は「暴論」ではないかとの指摘もありましたが、
今回の総選挙の結果、国民は「正論」であるとの審判を下したと思います。

 私は、この国民の声を厳粛に受け止め、責任をもって郵政民営化を実現し
ます。

 小泉内閣が発足して以来、公共事業費を約4割削減するなど、すでに10
兆円にのぼる歳出改革を断行しました。今後、政府系金融機関の改革、三位
一体の改革、財政構造改革、国家公務員の総人件費、人員の削減などの改革
を進めて、政府の規模を大胆に縮減します。

 社会保障改革や防災、アスベスト対策、北朝鮮との問題、テロとの闘い、
イラク人道復興支援など、内外に課題は山積です。構造改革を断行して、残
された任期一年、内閣総理大臣の職責を果たすべく、全力を尽くしていきま
す。

 先週日曜日(25日)、「愛・地球博」の閉会式に出席しました。

 185日は、長いようであっという間にたってしまいましたが、当初の予
想を大幅に上回る2200万人を超える方々に来ていただき、記憶に残る博
覧会になりました。

 私は、3年前の鍬入れ式、開会式、ジャパンデー、そして、今回の閉会式
と、全部で4回訪れましたが、パビリオンを視察したのは、ほんの短い時間
だけ。それでも、マンモスや地球の部屋など、とても楽しい体験でした。

 連日たくさんの来場者で、暑い中、長い行列に並ばないとお目当ての展示
がみられなかったことなどもあったと思いますが、海外からも大勢のお客様
が来場し、世界各国の人々が参加してたくさんの催し物が行われ、皆さんそ
れぞれに楽しまれたと思います。

 驚いたのは、185日間毎日通って、皆勤を達成された女性がおられたこ
と。何度も来たいと思える楽しい博覧会にしたいと願っていましたが、こん
なに「愛・地球博」を見てくれた方がいたということは、どんな言葉にも勝
る賛辞だと思います。今週号に早速寄稿していただきました。ありがとうご
ざいました。

 開幕当初から、手作りのお弁当を持ち込むことができるようにしたり、暑
さ対策に日陰になる場所をつくったりと、いろいろな問題を解決しながらの
開催でしたが、期間中、大きな事故やトラブルもなく、好評のうちに閉会式
を迎えることができたのも、参加した120を超える国や機関、企業、団体、
市民の皆さん、そして愛知県、名古屋市を始め多くの方々のご尽力のたまも
のです。心からお礼申しあげます。

 長久手日本館の電力は、生ゴミをつかった燃料電池発電でまかなわれてい
ました。会場のレストランなどで使われていた食器は、みんな使った後は分
解して土にかえるプラスチック製。「愛・地球博」では、ものを大切にする
「もったいない」という心と科学技術の力が結びつくと大きな力を発揮する
ことを身近な形で示しました。

 「愛・地球博」をきっかけに、「もったいない」という心が世界中に広が
り、人間と自然が共生する新しい社会が実現していくことを願っています。


小泉内閣メールマガジン広告バナー