首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/10/06]第205号

●「改革の秋」

 小泉純一郎です。

 早いもので、もう10月。日射しもやわらぎ、朝晩の涼しさとともに、本
格的な秋の到来を感じます。

 10月といえば衣替え。6月から親しんだクールビズも終わり、月曜日か
らネクタイと上着を身につけています。ノーネクタイは楽で過ごしやすかっ
たですが、ネクタイをしめると身が引きしまる気持ちになります。

 1日、道路四公団の民営化が実現しました。高速道路を運営する6つの新
会社が発足しましたが、この6つの新会社のトップには、全員民間人の方に
なっていただきました。

 2001年の夏、私が道路公団民営化の考えを明らかにしたときは、「そ
んなことはできるはずがない。」と反対論ばかりでした。特殊法人のなかで
も一番大きな民営化。よく民営化できたものだと思います。

 ここに来るまでの道のりは皆さんもご存じのことと思います。民営化推進
委員会の委員の方々をはじめ、多くの関係者の努力に感謝と敬意を表します。

 すでにこれまで一度もできなかった高速道路料金の値下げを実施しました
が、これから民間の知恵と工夫で、利用者の立場に立った経営を進め、サー
ビスの向上を図るとともに、40兆円にものぼる債務を一日も早く完済でき
るようになることを期待します。

 10月1日には、悲惨な事件もありました。日本人を含む多数の死傷者が
出たインドネシア・バリ島での大規模な爆発テロ事件です。

 インドネシアのユドヨノ大統領には、お悔やみとお見舞いを申し上げまし
たが、日本として、事件の捜査などの面で協力できることがあれば、という
ことで、早速警察の対テロ緊急展開チームなどを数名派遣しました。

 卑劣なテロ行為には激しい怒りを覚えます。残虐なテロ行為を根絶するた
めに、日本は、テロとの闘いに国際社会と連携協力して積極的に取り組みま
す。

 3日、アイリーン・コリンズ船長、日本人宇宙飛行士の野口さんはじめス
ペースシャトル「ディスカバリー」の乗組員の皆さんと官邸でお会いしまし
た。

 今回の飛行で、「ディスカバリー」は地球を219回まわったそうです。
時速3万キロ近くのスピードで地球を回るスペースシャトルの外に出て仕事
をしてきたのですから、宇宙飛行士の皆さんはまさに超人。しかし、お会い
してみるとあの厳しい訓練に耐えた宇宙飛行士とは思えない穏やかな方ばか
りでした。

 宇宙で食事するときには、食べ物が船内に飛び散ってしまわないように注
意深く食べなければいけないことなど、ご苦労話もお聞きしました。

 コリンズ船長も、もっとたくましい方かと思ったら、やさしい普通の女性
に見えましたけれども、皆さん、精神的にも体力的にも普通の人では耐えら
れないような重圧に耐えて任務をやり遂げたのですから、たいしたものだと
思います。

 読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋、秋には様々な言葉がつき
ますが、皆さんもそれぞれの秋に楽しみを見いだしてください。

 私にとっては、「改革の秋」「郵政民営化法案成立の秋」にしていきたい
と思います。


小泉内閣メールマガジン広告バナー