首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/10/13]第206号

● 官邸の秋

 小泉純一郎です。

 昨日、秋晴れのすがすがしい朝、いつものように公邸から官邸に歩いて向
かう途中、公邸の前の植え込みのなかにキノコが生えているのを見つけまし
た。カサが大きく開いたキノコや下草のかげに隠れるように生えている小さ
なキノコなど、よく見るとあちらこちらに何種類かのキノコ。食べることが
できるのかどうか、早速調べてみたいと思います。

 まわりをみると小さなドングリもたくさん落ちている。子供の頃よくドン
グリを拾って遊んだことを思い出しながら、東京の真ん中で、小さな秋の訪
れを実感することができました。

 郵政民営化法案は、火曜日の衆議院本会議で、賛成338票、反対138
票、200票の大差で可決されました。7月5日、解散前の衆議院で採決し
たときはわずか5票差だったことを思うと、先の総選挙でいただいた国民の
皆さんからのご支援の力がいかに大きかったか、身の引き締まる思いでした。

 今日は朝9時から夕方5時まで、参議院での郵政民営化法案の審議に出席
します。「郵政民営化は必要だ。」「改革を止めるな。」という皆さんの声
を受け止めて、改革の必要性を国会の場でわかりやすく説明し、法案のすみ
やかな可決、成立を目指します。

 パキスタン北部で起きた地震では、犠牲者は2万人を超え、甚大な被害に
なりました。多くの人々ががれきの下じきになり、今も懸命の救助活動が続
けられています。

 この地震では、JICA(国際協力機構)から都市廃棄物対策の専門家と
して派遣され、現地で指導にあたっていた楢原覚(ならはらさとる)さん一
家が被災しました。楢原さんは日本の顔としてパキスタンの方々にとけ込ん
で協力してこられたと聞いています。犠牲となられた方々のご冥福をお祈り
するとともに、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。

 日本政府は、直ちに国際緊急援助隊を派遣し、テントや毛布、浄水器など
2千5百万円相当の援助物資を現地に届けました。日増しに大きくなる被害
の状況を受けて、2千万ドル(約21億4千万円)の無償支援を追加して実
施することも決定しました。

 国際緊急援助隊は、救助チーム49名、医療チーム21名、警察、消防、
海上保安庁、医師、看護師、薬剤師などのメンバーからなっています。余震
がつづき物資が不足する厳しい環境の中で、早速任務にあたってくれていま
す。日本のNGOの方々も現地に入りました。現地での救援物資の輸送など
のために自衛隊のヘリコプターを派遣する準備も始めています。

 日本も昨年の中越地震の際には各国から暖かい支援の手が差しのべられま
した。これからも世界各国と協力しながら、積極的に支援を進めてまいりま
す。


小泉内閣メールマガジン広告バナー