首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ郵政民営化


小泉内閣メールマガジン

「らいおんはーと〜小泉総理のメッセージ」


[2005/10/20]第207号

● 郵政民営化法案の成立

 小泉純一郎です。

 10月14日、郵政民営化法案が参議院本会議で可決され、成立しました。

 政界の奇跡ですね。

 国会の各政党は、私が総理大臣になる前は、郵政民営化は「暴論」だと言
っていました。私は、いつかこの郵政民営化は「暴論」ではなく「正論」に
なる、そういう時が必ず来ると思ってやってきました。

 山を越え、谷を越え、一度は谷底に突き落とされましたが、国民の皆さん
がうまく引き上げてくれました。一度死んだ法案を生き返らせてくれたのも、
法案成立という奇跡を起こしてくれたのも、小泉内閣の構造改革を支持して
くれた国民の皆さんのおかげだと思います。心から厚く御礼申し上げます。

 これから、いよいよ民営化の実現に向けて動き始めます。民間人の優秀な
経営者の力をかりて、三事業に限らず、国民の必要とするいろいろなサービ
スを提供していただき、汗を流して利益を上げていただきたいと思います。
収益が上がれば税金も納めてくれる、そういう立派な会社にして、国民の利
便を向上させていただきたい。

 先週、公邸前の植え込みの中で見つけたキノコのお話をしたところ、たく
さんのメールをいただきました。専門家の調査によると、公邸の庭には、写
真で紹介した2種類のキノコのほかにも6種類、全部で8種類のキノコが見
つかりました。写真にある大きいキノコはテングタケという毒キノコでした
が、ほかのキノコは無毒のようです。公邸から官邸まで、50メートルぐら
いですが、毎朝歩いていくのが楽しみになりました。

 改革に終わりはありません。議員年金も廃止します。郵政民営化法案とい
う「改革の本丸」の法案が成立したことで、改革に弾みをつけることができ
ると思います。改革を止めることなく、これからも「民間にできることは民
間に」「地方にできることは地方に」の基本方針の下、改革に突き進んでま
いります。

小泉内閣メールマガジン広告バナー