本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年9月30日サイバーセキュリティ対策の一層の普及について~サイバーセキュリティ国際キャンペーンの実施に当たって~

 インターネットの世界的な普及により、社会経済の発展など、大きな価値や可能性を生み出してきている一方、サイバー空間への脅威も国境を越え、全世界で大きな課題となっております。そのため、サイバー空間の安全な利活用には、国際連携による対応が不可欠であり、政府としても、本年1月に全面施行された「サイバーセキュリティ基本法」や、9月4日に閣議決定された、新しい「サイバーセキュリティ戦略」に基づき、国際連携のさらなる強化に取り組むこととしております。

 一方で、近年、様々な情報通信端末や、インターネットを活用した新しいサービスの提供の増大により、メール、ウェブサイト、アプリケーションなどを通じて、サイバー攻撃の危険にさらされるようになりました。特に、昨年から今年にかけては、日本年金機構に対する悪質極まりない攻撃をはじめ、政府機関や民間企業を対象として多数発生したサイバー攻撃による被害が、深刻な社会問題となり、あらゆる人々がサイバー空間の脅威に直面していることを再認識させられました。

 政府では、サイバーセキュリティの必要性を認識していただくため、毎年10月を「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」月間として、他国の政府と連携しつつ、意識啓発を推進してきております。本年は、サイバーセキュリティに一層ご関心を持っていただけるよう、サイバーセキュリティ対策への理解を深めていただくためのコミックブック等のコンテンツをASEAN加盟国政府と共同制作するとともに、サイバーセキュリティをテーマとした学生向けのイベントの開催などを行います。

 キャンペーン中は、ウェブサイトなどにより、情報の提供も行っていきますので、国民の皆様におかれましても、これらを通じて、サイバーセキュリティを身近な課題として再認識していただき、サイバーセキュリティ対策を一段と進めていただきますよう、お願い申し上げます。

平成27年9月30日
内閣官房長官 菅 義偉

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.