首相官邸
麻生内閣 官房長官の動き トップページへ

新型インフルエンザ対策本部幹事会後の
河村内閣官房長官の発言


平成21年5月16日


幹事会後に発言する河村官房長官の写真

 今日、午前中、神戸在住の男子高校生に、新型インフルエンザ感染の確認がされました。この方は渡航歴のない方でありますから、いわゆる国内感染の最初の方ということで、新しい局面を迎えたということもありまして、第2回目の幹事会を開きました。

 既に、この新しい感染者に対しての対応について「総理の談話」も出ておるところでございますが、総理からも直接、今後の感染の拡大防止、また対策に対して国民の皆さんは警戒は十分にしていただかなきゃならん、同時に冷静な行動もお願いしなきゃならん、そういうことをしっかり発信してもらいたいという指示もございました。

 これを受けての幹事会だったわけでございます。その中で、特に今日は専門家諮問委員会の尾身委員長からも説明、提言等も伺いました。それによりますと、今回の新型インフルエンザは感染力は非常に強いものがある。ただ、諸外国のケース、あるいは成田で発生されたケース等を調査いたしますといわゆる弱毒性でありまして、ほぼ今流行っている季節型インフルエンザと同等の病状であろうということであります。治療薬としてはタミフル、リレンザが有効であるということが確認されておりますし、約3,800万人分の備蓄がございますから、その点はご安心いただきたいということがございました。だからと言って、これに感染いたしますと糖尿病等の慢性疾患と言いますか、基礎疾患があると重篤化する、インフルエンザが重くなる可能性もあるので油断はできないということであります。したがいまして、今後は、この感染の拡大をまず防止することが最大の課題でありますし、また、それに感染をした方が重篤化をする恐れがある、これをいかに防ぐかということに全力を尽くすべきであろうと、このような提言がございますから、これを受けて、この意識を幹事会としても共有しようというということを確認いたしました。

 早期に対応をきちっとして治療すれば重篤化することはまずないわけでありますから、その点は良いわけでありますが、ハイリスクをもった患者は油断できないということ、この認識を持っていただきたいと。

 したがいまして、今後、国民の皆さんの中でいわゆるインフルエンザ症状、かぜの症状等が出た方で心配な方は、まず発熱相談センターに行っていただく、そしてもちろん人混みでの気をつけないといけないようなこと、マスクをつける、あるいは外出したら帰った時の手洗い、うがい、そうしたことはきちっと励行していただくという基本的なことをもっと周知徹底していきましょう、こういうことであります。もちろん咳をする場合のエチケットの問題等いろいろございますが、これは基本的対処方針の中にございますので、これできちっと対応をしていただく。このことは皆さん方のお手元に、今日確認をしたことはですね、お配りをして皆さんからも発信をしていただきたいと、こう思っております。

 いずれにいたしましても、この新型インフルエンザから国民を守るということ、これは政府としても国家の危機管理の非常に重要な部分であるいう課題をもちましてですね、今後の感染拡大については最大の努力をはらって、防止することが大事でございます。

 また、今回のいわゆる人−人、国内での新しい感染が生まれました。この方と、そのいわゆる重厚接触者といいますか、濃厚接触者の方々はどういうような行動であったか、どの地域に感染をしているかというような問題、これは今、神戸市を中心に鋭意調査をしていただいております。

 地域との連携も厚労省を中心にしっかり取り合って、お互いに力を出し合って感染防止に努めようということで、そのことを確認しあって、今日の第2回目の会合を終えたところであります。



【関連リンク】
 新型インフルエンザへの対応