平成22年1月15日(金)午前

動画版を見る

中央防災会議の開催について

 本日閣議前に、総理ご出席の下、鳩山内閣として初めての中央防災会議が開催されました。会議では、「地方都市等における地震防災のあり方に関する専門調査会」の設置などを決定したほか、関西学院大学の室﨑教授の方から、我が国の震災対策全般についてのご説明がございました。なお、詳細につきましては、中井防災担当大臣が記者の皆さんにご報告することでございますので、よろしくお願いを致します。

閣議の概要について

 次に閣議の概要について申し上げます。本日の閣議で決定した人事案件について申し上げます。宮﨑礼壹内閣法制局長官が退官し、その後任に、梶田信一郎内閣法制次長、福田進内閣官房副長官補が退官し、その後任に、佐々木豊成財務省財務総合政策研究所長を、林景一内閣官房副長官補が退官し、その代わりに、河相周夫外務省大臣官房長を、それぞれ本日15日付けで任命し、先程、総理から辞令交付をされたところでございます。その他の大臣の発言として、外務大臣から「ハイチにおける地震被害の緊急無償資金協力」についてのご発言がございました。これは昨日は私(官房長官)が会見で申し上げたところでございます。その他、政令・人事案件が決定されました。

インド洋における補給支援活動の終了について

 次に、インド洋における補給支援活動の終了について申し上げます。補給支援特措法が失効することに伴いまして、本日(1月15日)をもって、インド洋における海上自衛隊の補給支援活動を終了いたします。これを受けまして、お手元に配布を致しておりますが、鳩山内閣総理大臣が談話を発表されたところでございます。政府として、総理談話にございますように、国際社会の平和と安定のために、引き続き、積極的に、また主体的に貢献をしてまいります。

このページの先頭へ

関連リンク