平成22年6月30日(水)午後

動画版を見る

サッカー・ワールドカップの日本対パラグアイ戦について

 今日は私(官房長官)の方からは、昨日の(午後)11時から行なわれましたサッカーワールドカップの南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦、日本対パラグアイ戦であります。私(官房長官)も最後まで眠い目を擦りながら拝見をしたわけでありますが、あの流れる汗というか、噴き出す汗を、お一人おひとりの選手の皆さん方の顔を拝見しておりますと、双方ともよく120分間も、あんなに走り回って集中力を切らさずに戦ったなあと、そういう感想でございます。延長戦で120分戦って、0対0ということでPK戦が行なわれて、お一人が外したということで、ベスト8にはなれなかったということでございました。試合終了後、日本代表岡田ジャパンの健闘を称えて、菅総理から岡田監督と選手の皆さん方にメッセージをお届けしたところでございます。日本代表は準々決勝進出こそ、ベスト8になれなかったわけでありますが、海外で行なわれるワールドカップでは初めてでございます、決勝トーナメント進出を果たしたと。対戦した数々の強豪に全く引けを取らない試合ぶりでありました。日本中に「勇気と誇りを与えてくれた」というふうに思います。岡田監督と選手の皆さん方は、この後、南アフリカからの帰国の途に就かれると思いますが、今回の結果に胸を張って帰ってきていただきたいと思います。PK戦というのはですね、高校サッカーとか、いろんなサッカーを拝見しておりましてですね、時々、これぞと思われるキャプテンとかですね、キーマンがわりと、その時だけ外されると、名手が外されるというふうな「運、不運」というか、これは天のみぞ知ることの場合が多いように、私(官房長官)はサッカーを見ておりまして、思っておりまして、駒野さん(サッカー日本代表)を始め、皆さん方が本当によくやったと思います。ここから、やはりサッカーも一つひとつ積み上げてですね、伝統が作られて、これからはベスト8、ベスト4に入っていける、そういうチームが作られるんだろうと思っておりまして、これからのサッカー界と言いましょうか、サッカーをやっている皆さん方のご活躍を心から期待したいと存じます。

このページの先頭へ