平成22年9月17日(金)午後

動画版を見る

初閣議の概要について

 菅改造内閣で官房長官を拝命いたしました仙谷でございます。皆さん方とこれからお付き合いをいただくことになると思います。どうぞよろしくお願いを申し上げます。まずは、初閣議の概要について申し上げます。まず、「基本方針」について、お手元の資料のとおり決定をいたしました。次に、総理から、内閣法第9条に基づく内閣総理大臣の臨時代理を予め指定する発言がございました。これにより、臨時代理の順位は、
 第一順位 仙谷内閣官房長官
 第二順位 前原外務大臣
 第三順位 鹿野農林水産大臣
 第四順位 北澤防衛大臣
 第五順位 細川厚生労働大臣
となります。
 この他の人事案件2件について決定いたしました。なお、総理から「海外出張中の臨時代理等について」発言がありました。
 以上で、初閣議を終了いたしました。

 引き続き、閣僚懇談会を開催し、閣僚の給与の一部返納について、俸給の10パーセントを返納することを申合せいたしました。以上でございます。

 そこで本日の閣議で決定をいたしました基本方針を、改めて読み上げたいと存じます。

「基本方針」読み上げ

 付言しますと、この3か月間、内閣官房長官として皆様方のご指導をいただきながら仕事をしてまいりましたが、内閣官房の一つの大きな仕事のうち、いろんな事柄についての危機管理が大きな我々の所掌であるということを、改めて気がついております。国民の生活がいろんなところから危殆に瀕することのないように、特に危機管理に気を配ってと言いましょうか、配意して頑張ってまいりたいと思っております。

このページの先頭へ

関連リンク