平成22年11月22日(月)午後

動画版を見る

全国都道府県知事会議について(古川元久内閣官房副長官)

 まず最初に私(官房副長官)の方からご報告事項が1件あります。本日正午から、官邸におきまして、政府主催の全国都道府県知事会議を開催いたしました。会議におきましては、菅総理挨拶、麻生知事会長挨拶の後、地域主権改革の推進関係やその他重要政策課題につきまして活発な意見交換が行なわれました。ちなみに、(午後)2時からはですね、各閣僚との懇談も行なわれております。内容につきましてはですね、マスコミの皆さんにも公開された会議であり、ご覧いただいたとおりでございますが、知事の皆さんからはですね、地域主権3法の早期成立や一括交付金化の推進、出先機関の地方移管、義務付け枠付けの見直し、地方の行財政基盤の充実などについてご発言があり、更には子ども子育て新システム、地域医療、総合特区などをはじめ、多様な政策課題についてのご指摘がございました。また、各論点に関しまして、地域、地方との十分な協議、相談を求める発言も多かったというふうに感じております。政府といたしましては、今後とも地方との協議を重ねながら、本日いただいたご意見を踏まえて、地域主権改革や各政策課題の解決に取り組んでいくこととしておりますので、菅総理からも地域主権改革にしっかり取り組んでいく方針を述べたところであります。詳細につきましては、片山大臣にお尋ねいただきたいと思います。

このページの先頭へ