平成22年12月16日(木)午後

動画版を見る

閣議の概要について

 今日はちょっと4件ほど報告がございます。先程、臨時閣議が開催され、一般案件として、「平成23年度予算編成の基本方針」について、「平成23年度税制改正大綱」について、決定されました。大臣発言として、玄葉大臣から「平成23年度予算編成の基本方針について」、野田大臣、片山大臣、玄葉大臣、海江田大臣から「平成23年度税制改正大綱について」、発言がありました。

平成23年度予算編成の基本方針について

 それから、この予算編成の基本方針関係でありますが、先程、臨時閣議におきまして、「平成23年度予算編成の基本方針」が決定されました。基本方針におきましては、平成23年度予算編成の基本理念や重点分野の基本的な方向性等を記述しているところでございます。主なポイントでありますが、①平成23年度予算は、成長と雇用、デフレ脱却を主要なテーマとし、国民の生活を第一にという理念も引き続き追及していく。②元気な日本復活特別枠等を通じ、新成長戦略の実現について、重点的な予算配分を行なう。③新規国債発行額約44兆円以内、基礎的財政収支約71兆円以内といった財政運営戦略に定める財政規律は堅持する。詳細は玄葉大臣及び平野副大臣から記者ブリーフがあるということでございますので、そちらの方でお聞きいただきたいというふうに考えております。

税制改正大綱について

 それから、税制大綱についてでありますが、本日の税制調査会におきまして、平成23年度税制改正大綱が取りまとめられ、その後の臨時閣議で閣議決定をされました。この大綱には、総理のご指示による法人実効税率の引下げや所得税、相続税の見直しなどの措置が盛り込まれており、経済活性化や格差是正につながることが期待されます。具体的な内容等については、所管大臣である財務大臣、総務大臣にお尋ねをいただきたいと存じます。

情報保全システムに関する有職者会議について

 それからもう1点でございます。「情報保全システムに関する有識者会議」の開催をいたしますので、その件についてお知らせをいたします。本日お手元に配布しておりますとおり、「情報保全システムに関する有識者会議の開催について」決定をいたしました。この会議は、先般第1回を開催した「政府における情報保全に関する検討委員会」における検討に資するため、情報保全システムについての有識者の方からご意見をいただくことを目的として開催するものであります。この会議においては、特に機密性の高い情報を取り扱う政府機関の情報保全システムについて、必要と考えられる措置に関し、ご意見をいただきたいと考えております。第1回の会議は、12月17日に開催する予定でありますが、詳細については、内閣情報調査室に照会していただきたいと存じます。

このページの先頭へ

関連リンク