平成23年1月18日(火)午前

動画版を見る

閣議の概要について

 政令の決定そして人事の決定がなされました。また、大臣発言として、私、内閣官房長官から「177回国会(常会)に提出予定の法律案等」について申し上げ、菅総理から、「海洋政策、男女共同参画を担当する大臣を補佐する副大臣及び大臣政務官」について、ご発言がございました。

副大臣、大臣政務官、内閣総理大臣補佐官の人事について

 副大臣、大臣政務官、内閣総理大臣補佐官の人事について申し上げます。本日の閣議で、副大臣及び内閣総理大臣補佐官の人事をお手元の名簿の通り決定をいたしました。大臣政務官は全員留任でございます。新副大臣の認証式は、本日午前10時30分から、初副大臣会議は正午から行なう予定でございます。また、初大臣政務官会合を本日午後0時55分から行なうこととしております。

 次に、細野豪志衆議院議員を社会保障・税一体改革及び国会対策担当の内閣総理大臣補佐官に、芝博一参議院議員を政治主導による政策運営及び国会対策担当の内閣総理大臣補佐官に任命することを閣議決定し、先程総理から辞令交付を行なったところであります。また、加藤、寺田両補佐官は留任でありますが、加藤補佐官には国家戦略に加え、国会対策も担当していただくこととしております。

サッカーアジアカップにおける日本代表ベスト8進出について

 サッカーで日本の代表チームが大変すばらしい試合をしていただいて、ベスト8ですか、進出をされたと聞いております。初戦なかなか苦労をしたようでございますが、予選リーグの最後の試合は大変な圧勝をしてくれたようでございまして、この内閣も、立ち上がりはいろいろと苦労しながらも、尻上がりで力を発揮していけるように、サッカーの日本代表チームにあやかって、頑張っていきたいなというふうに思っております。

このページの先頭へ