平成23年3月13日(日)午前

動画版を見る

原子力関連の状況について

 保安院などから既に個別の事実関係等についてはご報告もなされているかと思いますが、改めまして現時点での、特に原子力関連の状況についてまとめて改めてご報告をいたします。まず昨日来特に問題になっております東京電力福島第一発電所1号機の件でございますが、昨日ご報告申しましたとおり、海水を炉に、圧力容器の中に注入する作業が進んでおります。なおこれは地震の影響等によって水位計の数値が必ずしも信頼できるものではないものの、海水の供給がポンプの能力どおりに実施されていることが確認をされております。現時点では、いわゆる圧力容器の内側、いわゆる炉の部分のところについては海水で満たされて、少なくとも燃料の部分のところは水で覆われている状態になっていると合理的に判断される状況になっているところでございます。今後も海水が継続的に供給されることが重要であると思っておりますので、これを確認する体制を強化することといたしております。現在、経済産業大臣の指示により現地に派遣されている原子力安全保安院の保安官による立ち入り、立ち会い確認を強化をすることといたしているところでございます。なお現時点において周辺の放射線モニタリングの数値にも変化は見られておりません。

福島第一原子力発電所について

 それからもう一点、第一原子力発電所の3号炉の件でございますが、これは従来からその可能性が想定されていたものでございますが、こちらの給水機能が停止をいたしましたので、現在、いわゆる「ベント」と称しておりますが、圧力容器等から圧力を減らすために気体を抜くための作業、そして更に給水をポンプ等によって行なうため作業を行っているところでございます。この空気を抜くという作業と、そしてポンプによって給水をするということが行なわれれば、安定した状態、管理された状態で、これは従来から申し上げておりますとおり、気体の中には身体に影響を及ぼさない程度の放射性物質が含まれますけれども、原子炉の安全性というのを確保した状態で管理できるということになっております。現在、二つの点、気体を抜くための「ベント」という作業、そして給水機能をポンプによって代替するための作業、この両者を行なっているところでございます。

双葉町住民の被ばくの可能性について

 それから、もう一つ、バスにより避難をした双葉町の住民の皆さんのうち、9名が測定の結果、被ばくの可能性があるという状況になっておられます。9名のうち4名の方が少ない方で1800cpm、多い方で40000cpmの数値が出ておりますが、こうした皆さんについては、表面が汚染をされていると。衣類や被服等に、皮膚等に、表面が汚染をされているということで、この汚染を除去するとともに、その健康、内部被ばくのないこと等を、有無について確認をする健康チェックを進めていただくことということになっております。なお、専門家のご判断によると、こうしたものが表面に付いているという状況に留まるならば、健康に大きな被害はないという報告もいただいております。

避難状況について

次に、避難状況でございますが、第一原発からの避難でございますが、10km圏内からの避難は、ご病気の方を中心として114名が今残っております。医師等の付添いを始めとして、本来おもちになっている病気との健康管理の手当をしっかりしつつ早期に退避をしていただく段取りを付けております。10kmから20kmの県内におられる17万人余り、18万人弱の皆さんについては、本日早朝から避難を開始をいたしております。福島第二原子力発電所については、3km以内の退避は完了しております。10km圏内からの退避については、3万人余りの皆さんの避難を、本日早朝から開始をいたしているところでございます。

このページの先頭へ