平成23年3月13日(日)午前

動画版を見る

福島第一原子力発電所について

 それでは、今朝ほどの会見でも申し上げました、東京電力福島第一原子力発電所3号機に関する事象について、ご報告を申し上げます。今朝ほど、福島第1原子力発電所3号機について、注水機能、水を注ぎこむ機能が停止をしたということのご報告を申し上げたかと思います。その結果、圧力容器内、いわゆる燃料棒とかが浸っている水の水位が低下をし、燃料棒上部が水面上に露出をしたものと想定をされます。このため、圧力容器、原子炉の本体の一番内側の容器でございますが、9時05分、圧力容器の安全弁を開き、原子炉内の圧力は低下をいたしました。9時08分には、水の注入を開始をいたしました。これは海水ではなくて、真水でございます。9時08分には、真水の注入を開始をいたしまして、9時25分には、ホウ酸を混入することにより、一層の安全性を高める手段を採りました。同時に、9時20分、格納容器、一番内側の炉の入っている圧力容器の安全弁が開いたのは、9時05分。そのことで、炉の圧力が低下し、続いて、9時20分に、格納容器の方の、いわゆるベントを開始をいたしまして、この結果として、原子炉格納容器の冷却が開始をされていると思われます。このベントを開始した9時20分以降、昨日に続き、微量の放射性物質が排気塔より放出をされたものと思われています。この前後の現地の放射線のモニタリングの調査でありますが、昨日、1015の数値を出しましたNP4と言われます地点についてでございますが、今朝の午前0時30分には44.6、今朝の6時には36.7でございましたものが、9時20分前後にベントを開始をしておりますが、その9時20分に76.9、そして9時30分には70.3を観測をいたしました。引き続き観測を続けておりますが、ベントにより想定される範囲内で、管理された形で、微量の放射性物質を含む気体が放出をされているという状況でございますが、まさにこうした事態に対応するための手順に基づきましてなされているものでございますので、人体に影響を与える放射線が放出をされているものではございませんので、ご安心をいただければというふうに思います。

避難された方々等について

 なお、避難をされた方々等の被ばくに対する不安が高いものと思われております。このため、福島県の意向も確認しながら、次のような対応を検討しております。福島県において避難者のリストを作成をしております。国の責任で、福島県と連携して各避難所に専門家からなる救護所を設け、全ての避難者と、そして心配な人に対し、被ばくに関するスクリーニングとその後の評価、医療対応へのつなぎを行う専門チームを複数設けたいと思っております。その際、関係道府県の協力も求めたいと思っておりまして、そのための調整に入られていただいているところでございます。

福島第一原子力発電所について

 少し追加して情報を提供させていただきます。先ほどのNP4のデータでございますが、8時33分、直接のベントの影響ではなくてではございますが、1204.2という数字が観測、計測をされております。こうした数字の全体像をご覧いただきますと、放射線の変動は大きいんですけれども、ベント等によって大きな上昇というのものは見られていないということでございます。

このページの先頭へ