平成23年3月13日(日)午後

動画版を見る

電力需給に関する対策本部、経済情勢に関する検討会合について

 私からは若干実務的になるかもしれませんが、3点について御報告を申し上げます。先ほどの会見の折に、電力需給に対する対策本部の開催を行うということで御報告を申し上げましたが、その際の御質問でもあったかと思いますが、もし先ほど総理より御説明申し上げたような対応になるのであれば、早い方がいいというような御質問もあったかというふうに思っております。この間、実務的な様々な調整を行った上で、先ほどの総理のような御報告になりましたので、まずは国民の皆さんにしっかりとお伝えをし、お願いをすることが重要であるということで、この発表を先行させていただきました。これに伴いまして、この会見の後、時間を整理いたしまして、全体としての災害対策本部、原子力対策本部、そして先ほど申し上げました、この停電等を伴う電力需給に対する対策本部、そして経済関係の会議というものを続けて執り行うということで、今その調整に入っているところでございます。

食糧等の搬送について

 2点目について。2点目は食料等の搬送についてでございます。総理からお話いただきましたように、これについて全力を挙げているところでございますが、特に海岸部の地域に対する伝達が必ずしも十分にできていないという状況になっているという報告をいただいております。これについては新たな様々な手法を駆使して、海岸部の皆さんに一刻も早く必要な食料品等が届くような手配を改めて取っておりますことを御報告を申し上げます。どこかの時点で、改めてこの状況については御報告ができるのではないかというふうに思っております。

東京電力福島第一原子力発電所第3号炉について

 3点目は、福島第一原子力発電所3号機の状況でございます。先ほど海水を圧力容器内に注入を始めて水位が上昇し始めたという御報告をしたかと思っております。これについては、その後一定の上昇をいたしましたが、その後、圧力容器内の水位計が上昇の数値を示しておりません。しかし、水は供給をし続けているという状況でございます。この状況をどう判断をするか。昨日の1号炉の爆発以降、こうした状況下の時点がございました。今回はこの3号炉の弁の不具合が生じている可能性が高いということで、この弁の不具合を解消して、内部の空気圧をしっかりと下げるための努力を進めていただいているところでございます。なお、現実点で発電所周辺の放射線モニターに特段の変化は起きておりません。直近の状況について、3号機について御報告を申し上げたところでございます。

 

このページの先頭へ