平成23年3月14日(月)午後

動画版を見る

東京電力福島第一原子力発電所第3号炉について

 本日11時01分に爆発が確認されました東京電力福島第一原子力発電所3号機の件について御報告を申し上げます。
 皆さん、映像等をご覧になっていらっしゃる方々、大変御心配をされているかというふうに思いますが、その後入手した、あるいは確認したデータから結論を申し上げれば、先ほど申し上げたとおり、格納容器の健全性は維持されているものと思われます。格納容器の圧力は11時13分に380kPa、11時55分に360kPaで、内部圧力が安定しております。先ほどの会見で申し上げたとおり、現地所長の報告にあった健全性がある程度裏付けられたものと思います。また、放射線量のモニタリングの結果を見ますと、発電所内サービスホールで11時37分、50μSv/h、発電所正門付近で11時44分時点で20μSv/hとなっており、特段の変化は確認をされておりません。なお、若干距離のあります、約5km離れておりますオフサイトセンターの11時36分のデータも1μSv/h、昨日とほぼ同じ数値を示しておりまして、いずれも大量の放射線量を示すものではありません。なお、いずれのポイントにおいても中性子線について問題あるデータは出ていないと報告されております。また、中央制御室も維持されていることが確認されました。3号機に対する注水活動でございますが、実施中のまま作業員が退避をいたしたというのが正確な報告でございます。ただいま注水継続を目視確認するための努力、作業をどの段階でできるか、状況を把握をしているところでございます。なお、現地からは6名の負傷者が出たとの報告がございました。一部報道がありますが、東京電力の本店と現地の所長と、両名に確認いたしましたが両者からも、どちらからも行方不明の報告はございません。なお、避難の状況でございますが、先ほど「わずかな方が」という表現で報告をいたしましたが、若干、「わずかな」というのは適切でない表現であったかもしれません。12時30分現在、500名ほどの方が避難の途上にあります、20km圏内からの退避の途上にございます。以上のデータから、繰り返しになりますが、今回の事象は1号機での過日の水素爆発と同種のものと考えられ、現時点で格納容器の健全性は維持されており、放射性物質が大量に飛び散る可能性は低いと専門家を含めて認識をいたしております。先ほどの500名ほどの20km圏外への退避をまだされていない方々については、先ほど同様、屋内で待機をされるようお願いしているところでございますが、もう少しデータ等の経緯を見た上で、退避の行動を続けていただくタイミングを判断をしたいというふうに考えているところでございます。
 失礼いたしました。先ほど、オフサイドセンターの計測時刻を「11時36分」と申しましたが、「12時36分」であります。

このページの先頭へ