平成23年4月6日(水)午前

動画版を見る

原発の水の放出の件について

 私(官房長官)から一点だけ。

 水の放出の件につきましては、水産関係者の皆さん、それから近隣を始めとする周辺諸国の皆さんに大変ご心配をおかけをいたしているところでございます。十分な報告・説明がなされなかったのではないかというご指摘、農林水産大臣あるいは周辺諸国の皆さんからもご指摘をいただいているところでございます。既に申し上げましたとおり、今回の放出は、タービン建屋2号機のたまり水に代表されるような水が、この間、海に流れ出ていたと。こうした状況を食い止めるとともに、たまっている水を海に出さないということに向けた止むを得ない措置でございまして、従来、タービン建屋等の高濃度の水が流れ出ていたと思われる状況に比べると、20万分の1ぐらいの低い、相対的には低い濃度のものでございまして、そうした意味では、海洋汚染をより小さくするための措置ではございますが、こうしたことを含めて関係省庁、あるいは周辺諸国の皆さんに対して、予めより詳細な丁寧な説明が必要ではなかったかというご指摘はしっかりと真摯に受け止めていかなければいけないというふうに思っております。

 特に、近隣諸国の皆さんに対する連絡・伝達については、より丁寧に行っていくべく、経済産業省あるいは外務省に対してしっかりとした連携を進めていただくべく、更なる調整をしているところでございます。

このページの先頭へ