平成23年5月17日(火)午後

動画版を見る

IAEAによる原子力発電所事故調査団の派遣について

 まず、私(官房長官)から一点ご報告がございます。IAEAによる原子力発電所事故調査団の派遣について、ご報告を申し上げます。東京電力福島第一原子力発電所事故に関し、我が国政府とIAEAとの間の合意に基づき、5月24日から6月2日まで国際的な調査団の我が国への派遣を受け入れることとなりました。調査団は、事故に係る事実関係の調査を行なった上で、とりあえずの評価を行ない、6月20日から24日までウィーンで開かれる原子力安全に関するIAEA閣僚会議において報告を行なう予定であります。
 我が国としてはこの事故について、国際社会に対し最大限の透明性を確保すべく努めてきておりますが、この調査団の受入れは、その一環として我が国の経験の各国との共有のためにも有意義なものとなると考えております。なお、6月20日からのIAEA閣僚会議において、我が国から事故に関する現時点での評価や教訓についての報告を行なうため、これはまさに内部検証という意味になるかと思いますが、原子力災害対策本部の中に「IAEA閣僚会議報告作成チーム」を事務レベルで設置をしました。細野豪志総理補佐官の統括の下、関係府省のメンバーによって外部有識者の協力、ご意見も伺いながら作業を進め、6月初旬までには報告書を公表する予定でございます。

このページの先頭へ