平成23年7月26日(火)午後

動画版を見る

栄典に関する有識者会議について

 まず、私(官房長官)から2点ご報告申し上げます。

 まず、栄典に関する有識者の会議について申し上げます。
 本日「栄典に関する有識者」にお集まりいただき、栄典制度の運用等に関して率直なご意見を伺いました。平成15年の栄典制度改定以降、8年が経過する中で、新たな叙勲・褒章の制度は我が国の社会に定着してきているものと受け止めておりますが、同時に社会情勢や国民の意識の変化に応じて、工夫改善を図っていく必要があると考えております。本日いただいたご意見も踏まえ、今後とも栄典制度の適切な運用に努めてまいりたいと考えています。詳しくは内閣府賞勲局までお問い合わせ下さい。

風評被害関連について

 次に、風評被害関連でご報告申し上げます。
 東京電力福島第一原子力発電所事故により生じている、国際的な風評被害に対策を講じ、日本ブランドの再構築を図るため、第2次補正予算が成立したのを機に、各省庁が連携し、政府が一体となって取り組むべく新たに「国際的風評被害対策・日本ブランド再構築に関する政府・関係機関の連絡会議」を設置しました。その第1回目の会議を福山内閣官房副長官、山口内閣府副大臣の共同主催による関係する関係各府省の局長級職員をメンバーとして、本日、この後開催をいたします。会議の詳細については、終了後、内閣副広報官が記者ブリーフを行なうこととなっておりますので、そちらでお尋ねを下さい。

このページの先頭へ