平成23年7月8日(金)午前

動画版を見る

閣議の概要について

 私(官房長官)から3点ご報告を申し上げます。
 まず、本日の閣議の概要について申し上げます。
 一般案件等16件、法律案、政令、人事が決定をされました。
 大臣発言として、細野大臣から「消費者基本計画の検証、評価及び見直しについて」、防衛大臣から「海賊対処行動にかかる内閣総理大臣の承認等について」、厚生労働大臣から「平成23年版労働経済の分析について」、経済産業大臣から「平成23年版通商白書について」、菅総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理について」それぞれご発言がございました。
 
 閣僚懇談会においては、片山大臣から「義務付け・枠付けの見直しと条例制定権の拡大について」、平野大臣及び菅総理大臣から「東日本大震災からの復興の基本方針の策定について」それぞれご発言がございました。

安全保障会議について

 閣議前に開催されました安全保障会議及び、それを踏まえた閣議のことについてご報告申し上げます。
 閣議及び安全保障会議において、海賊対処行動にかかる内閣総理大臣の承認について決定をいたしました。
 概要はお手元の資料のとおりでございますが、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処については、現在、護衛艦2隻と哨戒機2機を派遣しておりますが、海賊行為の発生は依然として高い脅威であり、引き続き1年間、自衛隊の派遣を継続することといたしました。
 海上輸送の安全確保を図ることは、我が国の経済社会及び国民生活にとって重要であるのみならず、国際社会の平和と繁栄のために不可欠であり、政府としては引き続きこの大切な責務を果たしてまいりたいと考えております。

独立行政法人の役員公募について

 最後に、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)として、独立行政法人役員公募についてご報告申し上げます。
 本日から、本年10月任命分の独立行政法人役員ポストの公募を開始をいたしました。 7回目の独法役員公募となる今回は、18法人24ポストについて、8月3日(水)まで公募を行なうこととしております。
 概要は配布資料のとおりでございますが、詳しくは配布資料掲載の内閣官房行政改革推進室の担当者までお問い合わせいただきたいと思います。
 今回の公募も実のあるものとなるよう、多くの方に応募していただきたいと考えておりまして、マスコミの皆さんにも、是非とも周知にご協力を賜りたくお願いを申し上げます。

このページの先頭へ

関連リンク