平成23年8月5日(金)午前

動画版を見る

閣議の概要について

 私(官房長官)から3点、ご報告を申し上げます。
 まずは本日の閣議の概要について申し上げます。一般案件等17件、法律の公布、政令、人事が決定されました。
 大臣発言として、玄葉大臣から「『日本再生のための戦略に向けて』について」、総務大臣から「平成23年度普通交付税大綱について」、それぞれ発言がございました。
 閣僚懇談会においては、財務大臣から「平成24年度予算の概算要求の提出期限について」、発言がございました。
 閣議の概要については以上です。

官房長官の気仙沼市視察について

 次に、私(官房長官)の気仙沼市視察についてご報告申し上げます。
 東日本大震災の被災地の状況を視察するため、私(官房長官)は、8月7日(日)に、日帰りで宮城県気仙沼市を訪問する予定であります。
 気仙沼市においては、災害ボランティアの活動状況を視察するため、本吉地区の仮設住宅、子どもたちの遊び場、波路上地区の作業現場及び気仙沼市社会福祉協議会ボランティアセンターを訪問をいたします。
 その後、気仙沼市役所を訪問し、続いて鹿折地区、気仙沼市魚市場、災害廃棄物仮置き場を視察する予定です。
 時間帯等の詳細については、後刻貼り出しをさせていただきます。

バイデン・アメリカ合衆国副大統領の訪日について

 次にバイデン・アメリカ合衆国副大統領の訪日についてご報告を申し上げます。
 アメリカ合衆国のジョセフ・バイデン副大統領は、8月22日(月)から24日(水)まで実務訪問賓客として我が国を訪問されます。
 滞在中、同副大統領は菅総理と会談するほか、様々な機会を捉え、我が国の東日本大震災からの復旧・復興プロセスに対する一貫した米国の支援を表明されたい意向を有しておられると承知をしております。
 バイデン副大統領の今回の訪日は、日米両国の友好親善関係を一段と深めるとともに、現下の国際情勢に照らし、強固な日米同盟関係を確認するという観点から、日本政府としてこれを心から歓迎するものでございます。

このページの先頭へ