本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成23年10月18日(火)午前

閣議の概要について

 閣議後の記者会見ということであります。
 本日の閣議は、一般案件等3件と、政令、人事が決定されました。
 大臣発言として、私(官房長官)の方から「彬子女王殿下の英国ご出張について」申し上げ、野田総理大臣からは、「海外出張不在中の臨時代理について」ご発言がありました。

 閣僚懇談会においては、財務大臣から「20か国財務大臣・中央銀行総裁会議について」発言がありました。

野田総理大臣の韓国出張について

 それから、野田総理大臣の韓国出張につきまして、本日18日(火)から明日19日(水)にかけて訪問いたします。
 今回の韓国訪問は、野田総理の二国間会談のための外国訪問としては、最初のものとなります。
 野田総理は、李明博大統領との会談を行なう他、国立顕忠院への訪問等が予定されています。
 今回の韓国訪問が、李明博大統領との信頼関係を深め、最も重要な隣国である韓国と未来志向の関係の強化に向けて、日韓両国が努力していくことを確認するための良い機会になることを期待いたします。

第1回予算編成に関する政府・与党会議について

 それから、閣議前、本日8時10分から、第1回予算編成に関する政府・与党会議を開催いたしました。
 この会議は、去る9月20日に閣議決定されました「平成24年度予算の概算要求組替え基準について」において設置することとされたものであります。
 今後、日本再生重点化措置による予算配分の重点化や、予算編成過程での重要課題の検討を行なってまいります。
 本日の会合では、実務者会合のメンバーを決定しました。
 また、当面の作業として、実務者会合に対し、総理から、重点化措置の配分分野ごとに、優先的、重点的に予算配分すべき項目を具体的に選定することなどの指示がありました。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.