本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成23年12月20日(火)午後

国と地方の協議の場の概要について

 私(官房長官)の方から、午後に開かれました国と地方の協議の場、これは第3回の臨時会やりました、について申し上げます。本日午後、「国と地方の協議の場(第3回臨時会合)」を開催し、子どもに対する手当について、臨時議員として小宮山厚生労働大臣も出席をいただき、地方との協議を行いました。会議においては、厚生労働大臣から、年少扶養控除の廃止等に伴う使途未定の地方増収分の取扱い及び平成24年度以降の子どものための手当制度についての案の説明をした後、意見交換をいたしました。意見交換において、地方側からは交付税の確保、地方交付税の確保ですね、をしっかりしてくれという意見があったが、予算編成をその案で進めることについては、地方側のメンバーの皆さんから、それぞれご理解をいただいたので、最後に私(官房長官)の方からは、今後予算に係る所要の作業を進めていただきたい旨を発言し、協議を終了いたしました。既にブリーフィングは行っていると思いますが、内容細かくは地域主権戦略室及び関係府省、これは厚労省、にお問い合わせをいただきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.