本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年1月24日(火)午前

閣議の概要について

 まず閣議の概要について申し上げます。
 一般案件等として、「第180回国会における野田内閣総理大臣施政方針演説案」ほか3演説案、「平成23年度一般会計補正予算(第4号)」、特別会計補正予算(特第4号)」、加えて「平成24年度一般会計予算、特別会計予算、政府関係機関予算」等14件と法律案、政令、人事が決定されました。
 大臣発言として、外務大臣から、「第180回国会における外交演説案について」、財務大臣から、「第180回国会における財政演説案について」、古川大臣からは、「平成24年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度について」及び「平成24年度における財政運営戦略の進捗状況の検証及び経済財政の中長期試算について」、財務大臣から更に、「平成23年度第4次補正予算及び平成24年度予算について」及び「特別会計改革の基本方針について」、それぞれ発言がありました。

 閣僚懇談会において、法務大臣及び松原大臣から、「オウム真理教に対する観察処分の期間の更新決定」これ4回目ですが、についてそれぞれ発言がありました。

情報セキュリティ政策会議の開催について

 私(官房長官)の方からもう1点申し上げます。
 本日午後5時半、17時30分より第28回「情報セキュリティ政策会議」を開催いたします。
 昨年明らかになった国の重要な情報を扱う企業等へのサイバー攻撃への対応を検討するため、昨年10月に開催した前回の会議において設置を決定した「官民の連携強化のための分科会」での検討結果等について、報告を受け、議論する予定であります。
 なお会議結果につきましては、会議終了後、内閣官房情報セキュリティセンターからブリーフィングさせていただきます。
 ご参考にしていただきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.