本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年2月9日(木)午後

明日付の復興大臣等の人事について

 私(官房長官)の方から、明日、復興庁設置法が施行され、復興庁が立ち上がるに伴い、明日付で復興大臣等の人事を行なうことにしましたので、申し上げます。
 まず、平野達男国務大臣に、復興大臣を命ずることといたします。
 次に、中川正春衆議院議員を国務大臣に任命し、防災、「新しい公共」、少子化対策、男女共同参画を担当する内閣府特命(担当)大臣を命ずることといたします。
 次に、松下忠洋経済産業副大臣及び末松義規内閣総理大臣補佐官を復興副大臣兼内閣府副大臣に任命し、松下副大臣は、福島を中心とした原子力災害からの復興及び再生に関する事項等を担当、それ以外の事項について末松副大臣が担当することとします。
 また、松下副大臣は経済産業副大臣でありますので、後任として、柳澤光美経済産業大臣政務官を経済産業副大臣に、その後任として、中根康浩衆議院議員を経済産業大臣政務官に任命いたします。
 また、末松補佐官の後任として、寺田学衆議院議員を内閣総理大臣補佐官に任命し、行政改革及び社会保障・税一体改革等の担当を命ずることといたします。
 次に、郡和子内閣府大臣政務官、吉田泉財務大臣政務官、津川祥吾国土交通大臣政務官を復興大臣政務官に兼ねて任命し、郡政務官は宮城復興局担当、吉田政務官は福島復興局及び茨城事務所担当、津川政務官は岩手復興局及び青森事務所担当といたします。
 次に、中塚一宏内閣府副大臣及び大串博志内閣府大臣政務官には、現在、東日本大震災事業者再生支援機構を担当しておりますが、今後、当該機構が復興庁の所管に移行された後も引き続き担当していただく、そのために復興副大臣又は復興大臣政務官に兼ねて命ずることといたします。
 なお、復興大臣及び大串、郡、吉田、津川の各大臣政務官の辞令交付につきましては、明日朝の閣議後に院内大臣室にて行ない、それから新国務大臣・新副大臣の宮中における認証式は、明日午後8時を予定しております。
 官邸にて行なうこととしております。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.