本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年4月11日(水)午前

北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル事案に関する官邸対策室設置について

 北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル事案に関する官邸対策室設置ということです。
 北朝鮮から関係国際機関に対し、「人工衛星」と称するミサイル発射に関する事前通報が行われて以降、政府は、総理官邸内危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報収集態勢を強化するなど、対応を行っているところです。
 明日から発射予告期間に入るということで、対応に万全を期すために、本日午後1時(13時)を以って、設置中の情報連絡室を「北朝鮮による『人工衛星』と称するミサイル発射事案に関する官邸対策室」(室長は内閣危機管理監)に改組をして、体制強化することといたします。
 政府としては、北朝鮮が地域の平和と安定を損なうような行為を慎むよう、関係各国とも連携しつつ、最後まで発射の中止を働きかけるとともに、仮に発射した場合に備えて、対応に遺漏なきを期していきたいと考えております。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.