本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年4月20日(金)午前

  • mixiチェック
  • このページをシェアする

閣議の概要について

 閣議後の会見としてまず閣議の概要について申し上げます。
一般案件等11件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、総務大臣、法務大臣及び文科大臣から「『法曹人口の拡大及び法曹養成制度の改革に関する政策評価』の結果について」それぞれご発言があり、私(官房長官)からは「海外出張不在中の臨時代理について」、申し上げました。 閣僚懇談会においては環境大臣から「クールビズの実施について」、川端大臣から「『クールビズ期間』における『かりゆしウェア』の着用について」それぞれ発言があり、私(官房長官)からは「春の大型連休における閣僚等における海外出張について」、申し上げました。

クールビズの実施について

 もう一つはクールビズの実施について申し上げます。本日の閣僚懇談会において環境大臣から今年の「クールビズの実施」について発言があり、政府においては、昨年同様なんですが、「クールビズ」の開始を例年より1か月前倒しし、5月から行うこととしました。終わりの時期、終期についても1か月延長をして10月末までとしております。これは従来からの地球温暖化対応の面に加え、節電の実施及びその啓発の必要性を踏まえたものであります。また閣僚懇談会においては沖縄担当大臣から、「クールビズ」の期間中、選択肢の一つに沖縄の「かりゆしウェア」を加えていただきたい旨、各閣僚に協力の要請がありました。クールビズの詳細は、これは環境省にお問い合わせをいただきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.