本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年5月15日(火)午前

閣議の概要について

 まず閣議の概要について申し上げます。一般案件等8件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、私(官房長官)から「彬子女王殿下のドイツ国御旅行及びポーランド国御出張について」申し上げ、国土交通大臣から「特殊会社の長の人事について」、ご発言がありました。
 閣僚懇談会においては、川端大臣から「沖縄復帰40周年記念式典の開催について」、ご発言がありました。

沖縄復帰40周年について

 もう1点申し上げます。沖縄復帰40周年の日に当たって一言申し上げます。本日5月15日は沖縄が本土に復帰した日であり、今年でちょうど40周年、40年目を迎えました。本日、沖縄においては、政府と沖縄県の主催により、内外からの多数の賓客のご参列を得て、復帰記念式典を開催することとしております。政府は新たな沖縄振興のための法律に基づいて、今月11日に「沖縄振興基本方針」を決定いたしました。沖縄県においてはこの方針に基づいて、「沖縄振興基本計画」を本日策定、提出される予定と承知しております。政府としては、今後とも全力で沖縄振興に取り組んでまいる決意であります。また、一層の厳しさを増す我が国周辺の安全環境の下で、日米安全保障体制の役割は引き続き重要となる一方で、米軍基地の集中が沖縄の皆様に大きな負担となっていることは十分に認識しております。抑止力を維持しつつ、沖縄の基地負担の早期軽減を進めていく所存であります。沖縄の一層の発展が我が国及びアジア太平洋地域の発展に寄与することを強く期待し、それを確信しているところであります。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.