本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年7月23日(月)午前

月例経済報告等に関する関係閣僚会議の開催について

 先ほど、「月例経済報告等に関する関係閣僚会議」を開催いたしました。今月の月例経済報告では、景気の基調判断を、「依然として厳しい状況にあるものの、復興需要等を背景として、緩やかに回復しつつある。」として、先月と同様の判断としています。先行きにつきましては、復興需要等を背景に、景気回復の動きが確かなものとなることが期待されますが、欧州政府債務危機を巡る不確実性が依然として高い中で、世界景気に減速感が広がっており、こうした海外経済の状況が、金融資本市場を通じた影響も含め、我が国の景気を下押しするリスクとなっていることには注意が必要である、としています。
 これは、詳しくは、内閣府経済財政分析担当までお問い合わせをいただきたいと思います。

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.