本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年12月21日(金)午前

閣議の概要について

 まず閣議の概要について申し上げます。一般案件1件、人事が決定されました。大臣発言として、私(官房長官)、そして外務大臣及び防衛大臣から、「ゴラン高原における輸送業務等の終了について」、それぞれ申し上げました。
 閣僚懇談会においては、平野大臣と私(官房長官)、そして農林水産大臣から、「東日本大震災からの復旧・復興及び原子力災害対応の現状と取組について」、それぞれ申し上げました。

月例経済報告等に関する関係閣僚会議について

 次に「月例経済報告等に関する関係閣僚会議」を閣議後に開催しました。今回の景気の基調判断は「景気は、世界景気の減速等を背景として、このところ弱い動きとなっている」とし、先月と同様の判断としております。先行きにつきましては、当面は弱さが残るものの、復興需要が引き続き下支えする中で、海外経済の状況が改善するにつれ、再び景気回復へ向かうことが期待されますが、海外経済を巡る不確実性は依然として高く、我が国の景気を下押しするリスクとなっていることに注視することが必要、としております。詳細につきましては、内閣府経済財政分析担当までお問い合わせください。

東日本大震災からの復旧・復興、原子力災害対応の現状と取組について

 次に、本日の閣僚懇において、野田内閣が最重要課題として取り組んできた東日本大震災からの復旧・復興、原子力災害対応への現状と今後の課題について、平野復興大臣と私(官房長官)から資料を配布するとともに、発言をしました。私(官房長官)からは原子力災害への対応についての発言をしました。資料をお配りしてると思いますが、災害復興、除染や健康管理調査等の放射性物質汚染対策、それから経済被害対応、そして東電福島原子力発電所の廃止措置等の多岐にわたる分野について対応を行ってきたところです。これらは相互に関連する課題であり、今後とも関係府省が連携をして一体的に解決していくことが重要であります。東日本大震災からの復旧・復興、原子力災害への対応は一瞬たりとも空白が許されない最重要課題でありますので、関係閣僚に対し、本件の業務の引継については、遺漏なく適切にご対応いただきたいと、そういうお願いもしたところです。詳細はお配りしている資料の最後に記載された、担当の各府省にお問い合わせをいただきたいと思います。

ゴラン高原における輸送業務等の終了について

 それから、昨年来、悪化を続けるシリア情勢がゴラン高原地域にも深刻な影響を及ぼし、国連兵力引き離し監視隊、UNDOFですね、の活動に支障が生じています。で、今般、政府として、ゴラン高原を含むシリアの情勢、我が国要員の安全確保の在り方、我が国の現下の状況において行い得る活動の内容等を総合的に検討した結果、我が国の要員の安全を確保しつつ、意義のある活動を行うことが困難との認識に至ったところです。そのため、我が国要員をUNDOFから速やかに撤収させることとしました。具体的には、本日をもって輸送等の業務を終了し、撤収に向けた作業に移行することとなります。本日、安全保障会議で審議の上、閣議において私(官房長官)からゴラン高原における輸送業務等の終了について発言しました。これまで、厳しい環境の中で任務に当たってきた我が国要員の労をねぎらうとともに、我が国の活動に協力をいただいた国際連合や関係各国に対する謝意を表します。長年にわたり、有意義かつ高い評価を得てきた活動をこのような形で終えることは残念には思いますが、ゴラン高原からの撤収後も、我が国は、中東和平問題を含む国際の平和と安定のため、引き続き積極的に取り組んでいく所存であります。

ダニエル・イノウエ米国上院議員の逝去について

 次に、ダニエル・イノウエ米国上院議員の逝去に関して、改めて総理及び我が国として深い哀悼の意を表すために、現地時間23日(日)、ホノルルの国立太平洋記念墓地で執り行われます葬儀へ、福田康夫元総理大臣を野田総理特使として派遣することといたしました。また、現地時間21日(金)、日本で言うと金曜日、今日ですが、ワシントンDCの国立大聖堂で執り行われる葬儀へは、佐々江駐米大使が出席をし、我が国としての弔意を表す予定でございます。

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.