本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年1月20日(日)午前

在アルジェリア邦人拘束事件対策本部について

 アルジェリアにおける邦人拘束事件に関して、総理の指示により本日、午前10時から第5回の対策本部を開催をいたしました。
 本会議においては、まず、昨夜アルジェリア政府から邦人の安否に関する厳しい情報提供があったこと、その内容は邦人の安否に関し、死亡、未だに生存が確認できていないという情報であったこと、ただし、日本政府としては、その情報の事実関係は未確認であること、このことを、関係閣僚間で確認をいたしました。
 安倍総理からは、昨晩アルジェリア首相に対し、直接邦人の安否確認作業への協力を要請をし、先方も全面的に協力を約束したことを述べられた上で、以下の点について指示がありました。引き続き、迅速かつ正確な情報収集に努めること。現場においては、城内外務大臣政務官の指揮の下に一丸となって邦人の安否の確認及び救出が迅速に行われるよう全力を尽くすこと。被害に遭われた方々と、そのご家族への心情に十分配慮した支援を行うこと、この3点であります。
 政府としては、ただいま申し上げた総理からの指示を受けて、それぞれの事項について関係省庁が一丸となって全力を尽くして取り組んでまいります。なお、対策本部を開催後、総理は城内外務大臣政務官に電話をされ、現場において一丸となって邦人の安否の確認、その救出を迅速に行われるよう指示をされました。
 以上です。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.