本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年1月21日(月)午前

在アルジェリア邦人拘束事件について

 アルジェリアにおける邦人拘束事件に関してであります。アルジェリア政府から、邦人の安否に関する情報提供があったことを受けて、本日、城内外務大臣政務官、川名日揮社長などアルジェリア国営石油・天然ガス公社から、提供された航空機にて安否確認をするために、イナメナスに入りました。さらに引き続き、必要な人員が現地入りする予定であります。到着直後の本日、22時ごろ城内大臣政務官から、私(官房長官)に対して電話があり、軍の許可を得て事件現場である施設の中に入り、その後安否確認のため、病院を訪問する予定との連絡がありました。今後、城内政務官一行は、日揮関係者とも協力をしつつ、現地における邦人安否の確認作業を本格化する予定であります。なお、その状況については、今後必要に応じて皆様方にお知らせをしたいと思います。また、今回の事件において、無事が確認をされた7名の邦人の方々の帰国を支援をするために、政府として政府専用機を現地に速やかに派遣すべく準備を進めております。以上です。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.