本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年1月21日(月)午前

在アルジェリア邦人拘束事件について

 アルジェリアにおける邦人拘束事件に関し、イナメナスに入っている城内大臣政務官一行の活動状況について、御報告をいたします。昨日現地入りした一行は、事件現場を視察をいたしました。現地における治安状況は依然として十分安全とは言えないことから、視察は慎重に行われました。その後、病院訪問は、夜間になったこともあり、安全確保の観点から、昨日は見合わさざるを得なかったということであります。このような状況になったのは、最も早いタイミングで現地に入る方法が、エネルギー大臣が現場を視察する、そのことに同行する形であったからであります。現地における治安状況上、同大臣一行と離れて、自由に行動して病院訪問することはできなかったということであります。また当初、城内政務官一行の現地到着の直後に第2陣が現地入りすべく、イナメナスに向かって飛び立ちましたけれども、急激な天候変化、砂嵐によってアルジェに引き返してまいりました。今後、現地が朝になり次第、邦人安否の確認作業を本格的に進める予定であります。なおその状況については、今後とも必要に応じて、皆様にお知らせをさせていただきたいと思います

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.