本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年2月8日(金)午前

※スマートフォン等で動画をご覧いただけない場合にはパソコンでご覧下さい。

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件(等)15件と政令、人事が決定をされました。大臣発言として法務大臣から「犯罪捜査のための通信傍受に関する法律に基づく国会報告について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理等について」、それぞれ御発言がありました。
 閣僚懇談会においては、古屋大臣、森大臣、また私(官房長官)から、「ストーカー、配偶者からの暴力等の被害者の意思決定支援手続の実施について」、それぞれ申し上げ、環境大臣から「微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染への当面の対応について」、外務大臣から「中国の大気汚染への対応について」、それぞれ御発言がありました。

安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会の開催について

 この度、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」を改めて立ち上げます。本日午後5時40分から第1回会合を開催をします。御案内のとおり、平成19年、第1次安倍内閣の際、本件懇談会が設置をされ、いわゆる「4つの類型」に関して憲法上の考え方を御議論をいただいたところであります。本日の会合は、当時の検討結果をまとめた報告書を安倍総理に直接御提示し、御説明をいただく予定であります。その上で、昨今の我が国を取り巻く安全保障環境の変化を踏まえ、これにふさわしい我が国としての対応はどうあるべきかを御検討いただくべく、懇談会において御議論をいただくことになっております。

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.