本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年2月26日(火)午前

※スマートフォン等で動画をご覧いただけない場合にはパソコンでご覧下さい。

閣議の概要について

 私(官房長官)から、何点か閣議の概要について申し上げます。一般案件15件と人事が決定をされました。

東日本大震災二周年追悼式等について

 閣僚懇談会では、外務大臣から、「安倍内閣総理大臣の米国出張について」御発言がありました。なお閣議において、東日本大震災二周年追悼式に際し、哀悼の意を表するため、国の行政機関における対応について定めるとともに、広く日本国民の皆様に御協力をお願いすることが閣議了解をされ、総理談話が、お配りをしているとおりに出されております。

スリランカ大統領及び同令夫人の訪問について

 本日の閣議において、マヒンダ・ラージャパクサ・スリランカ大統領及び同令夫人を、3月12日(火)から15日(金)まで、公式実務訪問賓客として招待することが了解をされました。スリランカは伝統的親日国であり、また、2009年に26年にわたる内戦が終結した後に、復興及び国民和解に向けた取組を行っており、これに対し我が国も積極的に支援を行ってきております。また、同国は、インド洋のシーレーン上の極めて大事な場所に位置しており、我が国にとり、地政学的にも重要な海洋国家です。今回の訪日により、両国間の友好・協力関係を一段と深化・拡大し、両国のパートナーシップを一層強化していきたいと考えます。

インドネシア人及びフィリピン人看護士・介護福祉士候補者の国内滞在期間の延長について

 経済連携協定に基づき、我が国に滞在中のインドネシア人及びフィリピン人看護師・介護福祉士候補者の特別な滞在期間の延長について、本日、閣議決定をされました。閣議決定の要旨は、平成22年度と平成23年度に入国した、インドネシア人とフィリピン人の候補者及び平成24年度に入国したフィリピン人候補者について、これらの候補者は6か月の訪日前日本語研修を受けていないことから、一定の条件を満たす場合には、協定に基づく滞在期間を超えて、追加的に滞在期間を1年延長することにするというものです。これによって、これらの候補者は、追加的に国家試験の受験機会を得ることができるようになります。この決定に基づき、今年度の国家試験の結果発表後に、所要の手続を行うことになります。詳細については、本日、外務省及び厚生労働省から別途説明を行いますので、こちらにお尋ねをいただきたいと思います。

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.