本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年3月13日(水)午後

※スマートフォン等で動画をご覧いただけない場合にはパソコンでご覧下さい。

第2回野口英世アフリカ賞受賞者の決定について

 野口英世アフリカ賞は、アフリカでの感染症等の疾病対策のため、医学研究・医療活動の両分野において顕著な功績を挙げ、アフリカに住む人々の保健と福祉の向上に貢献した方々を日本政府として讃える賞であります。
 この度、第2回野口英世アフリカ賞の受賞者を2人決定をいたしましたので発表いたします。医療分野では、ベルギーのピーター・ピオット博士、医療分野では、ウガンダのアレックス・G・コウティーニョ博士であります。
 授賞式は、第5回アフリカ開発会議に合わせて、本年6月1日、横浜で開催する予定であります。各受賞者には、賞状、メダル及び賞金1億円が贈られます。この賞を通じて、野口英世博士の偉業が世界に再認識をされ、アフリカでの感染症等の疾病対策に対する国内外の関心が高まることを期待をいたします。
 詳細については、内閣府野口英世アフリカ賞担当室に照会をいただきたいと思います。

内閣官房参与の任命について

 人事案件であります。本日付けで、慶應義塾大学医学部産婦人科学・教授である吉村泰典氏を内閣官房参与に任命することとし、このあと総理より辞令を交付いたしますので、御報告をいたします。
 同氏は、慶應義塾大学病院副病院長や関係学会の理事長を務められるなど、産科婦人科学の分野において優れた識見を有しておられることから、少子化対策、子育て支援に関して、総理に対し、情報提供や助言を行っていただくとともに、少子化対策等を担当する森内閣府特命担当大臣に対する助言等を行っていただくことにいたしております。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.